2012年3月30日金曜日

『ギャルとギャル男の文化人類学』(新潮新書)

今日読んだ本

ギャルとギャル男の文化人類学 (新潮新書)


この本は面白い!!

前回は「地方のヤンキー文化」についての本を紹介しましたが
今回は「東京のギャル男文化」です。

すごいのは、ギャル男が一念発起して
慶応の大学院に入って
ギャル男文化について研究して書いた本という点。

日サロで大学院に入ることを勧められたって・・・W

当事者が書いているものってなかなか無いような・・・。
当事者だけあって内部事情とか
当事者にしかわからない微妙なニュアンスが
(ナゴミの様子、知らないうちに加入しているという囲い込みなど)
わかりやすく書いてあります。

ある文化圏内にいて、
なおかつその文化圏について当事者が
第三者にわかりやすいように
学術書を書くのって簡単なようでいて
難しいと思う。

というか、著者近影が強烈すぎるW
著者もだけど、この人をゼミに受け入れた
指導教授の勇気がすごいと思う。
奨学金を出した慶応も懐深いなぁ。

この本の流れは以下のようなものです。

1)まず、チーマーとは何かについての説明
2)チームと大学サークルの融合
3)イベサーとは何かについて
4)イベサー人の価値観について*「ツヨメ」「チャラい」「オラオラ」「ギャップ」を高く評価
(「オラオラ」についてはあくまでも「強そう」が基本で、実際に喧嘩をするわけではないらしい)
5)しかし、あくまでも「昔***だったんだ」と語るための武勇伝→早めに落ち着くことを評価
6)ギャル男の進路について

意外だったのは、ギャル男の文化も
学歴社会だったことと。
医学部や歯学部に進学する人もいるとのこと。

愛知県のような地方のヤンキー文化(中退して早めに所帯持つ傾向)と
東京のギャル&ギャル男文化(基本は大学卒業を目指す)
・・・これらは同じ範疇にあるようでいて
かなり違いますね。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 月刊住職コラム連載 キャラクター文化 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル