2012年4月8日日曜日

哲学のおやつ『仕事とお金』

今日ご紹介するのは
「哲学絵本」です。
おそらく小学校高学年から
オトナまで楽しめる勉強本だと思います。



絵本の流れとしては…

1)もしも働かなくてよかったら
2)働くとつらい
3)つらいけど、役に立つ喜びがある
4)クリエイティビティと仕事の関係
5)仕事がないつらさ
6)クリエイティビティのない仕事の場合
7)物々交換の話
8)交換はややこしいという話
9)やっと「お金」が登場
10)お金が大切な理由が明かされる
11)守銭奴のおろかさ
12)ペットのハムスターをお金で買って幸せ、という結論

…なんだか最後が
笑点の昇太のハムスターのオチみたいになっていますが、
40ページでしかも絵本という
ヴォリュームの少ない本の中で
これだけ要点をまとめているのは
すごいと思います。
ソルボンヌ大の人と作家さんが共著で出しているので
文章は洗練されている。

しかし…
欲を言えば、せっかくフルカラーなんだから
もうちょっと絵のクオリティを上げてほしいということかな。
味があって良いとも言えなくもないけど
いかにもヨーロッパの人が描いた風刺画、という感じで
「絵だけ見ても楽しい」絵本にして欲しいかな…
せっかく1500円もするんだから。

昨日ご紹介した『哲学ガールズ』が
1900円であの絵のクオリティ&ヴォリュームということを考えると
日本の萌え文化がどうしてヨーロッパで
あそこまで評価されているのか分かる気がします。

細部まで職人技で萌え絵を仕上げる日本人の繊細な気質が
「萌え文化」を通じてフランスなどで評価されているんだな
…と主旨とは違うところで
発見がありました。

とはいえ、この本、
「働く」ことに対する多面的な考察、
「お金」の存在を肯定している点などは
(しかも自然な流れでお金というものの価値を肯定している)
高く評価できると思います。

哲学のおやつ 仕事とお金 (10代からの考えるレッスン)

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル