2012年5月28日月曜日

【2012.5.29火曜1・2限:哲学講義メモ】

教室移動の件では、
突然のことでしたので
電子掲示板での確認などお手数おかけしました。
来週からも移動先の教室で
固定ですので、よろしくおねがいします!!!

1.前回の講義に対するみなさんの反応







 1)大学のうちにやっておいたほうがいいこと:大学での勉強
参考リンク→http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_08.html

2)ウルトラマンメビウス、チェックしておきます。

3)ありがとうございます。先生の知っているネタだけではなく
みんなの知識を集結できるよう、できるだけ質問票をとりあげていきたいです

4)一生懸命語学を習得した人がいるからです>仏教伝来
南無阿弥陀仏を唱えたら救われるのは浄土真宗で、他の宗派は違いますよ~

5)この意見はすごく鋭いと思う。情報がない=真実を知らずに攻撃
ということですよね。

6)集団心理について:ブログに書きました。以下にリンク
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_25.html

7)善を判断することは難しい。だから哲学の中に倫理学というジャンルがある。
逆に言うと、哲学ジャンルは哲学史として残っているけど
倫理学はいつの時代にも生きている。

8)医学に喩えたのはうまいっ!

9)そうそう、そこの部分です。なんで悪になるかといえば
そこにはルサンチマンがある確率が高い。
ルサンチマンの中には経済格差も・・・
(というわけで今日考えよう)
10)この視点は宇宙規模で鋭い。
宇宙にとって、なにが善なのだろう?
地球の保全?だとしたら環境破壊をする
人間が悪ですよね。
しかし、地球の存在自体、宇宙の中でどんな意味を持つのだろう・・・?
これは人間原理という議論と結びついてきて・・・
人間原理は教科書の89ページ。

11)いや~、たぶんキリスト教だと三位一体とかに関係してくるし
凡夫がそれと一体化するというのはないと思うので
ちょっと違うかもしれん。
キリストはもともと神の子として生まれている。
でも、ウルトラマンの他のシリーズは見たことないので
もしかしたら、他のシリーズにはキリスト教のテーマが
隠されているかもしれない。
そこらへん詳しい人いたら教えてください。

12)この図は面白い!!!

13)多くの人を守る=功利主義が正義だとしたら
このウルトラマンは正しいことになるけど
宇宙規模や地球規模で考えたら間違っている。
そもそも地球は人間のためにあるのか否かの議論になってくるかなぁ。

14)そうそう、正義の上に道がある=葉隠をとりあげたのはそのためです。
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_13.html

15)笑い男事件はいろいろテーマ隠されてそうですね。

16)そうそう、イケニエ理論です

17)こんな風に単独行動で自分を高めている学生さんもいるようです

18)村社会で思い出したけど、『異人論』という民俗学の本を
読むと面白いですよ。ツキモノスジという言葉が出てくるんだけど
「あそこの家は何か憑いている」と村の人が言うことで
ルサンチマンを解消するという方法。

19)そうそう、ウルトラマンって正義を遂行するときに
ガシガシ破壊してますよね

20)天才に対するルサンチマンは教科書の69ページに書きました
『アマデウス』観るといいですよ
ただし、モーツァルトはキャラ的に欠落だらけですW
本物のモーツァルトも下ネタ好きでブッ飛びキャラだったらしいです。

21)そうです。新人が5月病になるのはこれもあると思うんです。
宇宙人という喩えは、そういうものを総称した喩えだと・・・。

22)うーん、悟りは「諦め」に近い。哲学は「諦めない」に近い。

23)これは後期にやります。

24)ありとあらゆる神話、物語、サブカル・・・それらは
正義と正義のぶつかりあいがありますね。
ただし・・・・・・・・空気系の流行はその流れを変えたと思います。
あずまんが大王とか。

25)松浦くんに伝えておきます。

26)社会問題になったし、監督も外されたそうですね。
あの苦悩は、集団の力に負けた苦悩もあったかと・・・。
宇宙人と少年を救うべきですからね。

27)「超能力」というのがキーワードかも。
持っているだけで脅威ですからね。

28)いや、地球を守っているなら、環境破壊をする人間を
やっつけるべきなので、多くの人間を助けているが
苦悩している・・・という設定の物語かな。

29)そういうことです。

30)このゲームは面白そうですね。どのような形態で
発表されるのでしょうか。もし完成したら、みなさんに
プレイしてもらえるよう協力したいです。

31)むかし、『元気がでるTV』という番組で
こういう巨大な大仏が歩く企画があった覚えがあります。

32)そうなんです。

33)生物の本能として考えれば、恐怖で攻撃するのも
自然の摂理だと言える。
エリマキトカゲが威嚇するのと同じ。

34)あの少年は人間という存在自体を見限ってましたね。
しかし、あのパン屋のシーンは秀逸です。

「だってうちパン屋だもん」

の一言にいろんなメッセージが。
商売における「お客さん」というものの
平等性(千と千尋のくされ神もお客さんでしたね)が描かれていました。

35)この表現はとてもわかりやすい!!!

一般人×n>正義の味方+変な少年+怪しい宇宙人の老人

↑まさに、これを描きたかったんだと思う!!

さらにいうと、この背景には怪獣ムルチが存在した。
ムルチはストーリー的には悪なんだけど、
地球規模で考えるとアニミズム的な神なので善。
環境破壊している人間が悪。

実は、怪しい宇宙人が一番の実力者で
怪獣ムルチ(アニミズムの神の怒り)を封印していたんだけど
老人を殺して

怪獣ムルチ>一般人×n>正義の味方+変な少年

になってしまったので

正義の味方が仏教的な変身をして、
怪獣ムルチ<ウルトラマン

になって終了。でも、結局、ウルトラマンは正しかったのか?ということに。
子供向けのものにしては、複雑すぎるし
理解されにくかったと思います。

36)そうなんです。アメリカのバットマンは資本主義的な変身をします。
バットマンと資本主義については本日の講義にて。

37)悪魔と天使ですが、基本的にキリスト教的な悪魔は「堕天使」です。
『コンスタンティン』観るといいですよ。
善の欠如=悪というキリスト教の世界観は
天使と悪魔の関係にも出ているのです。

38)「持つものを恐怖」するのは本能かもしれませんね。
生命保存のために遺伝子に組み込まれているのかも。
しかしながら、イレギュラーな遺伝子が淘汰されないのは
「それが人類の進化に必要だから」という説もあって
先生はその説を書いた本が好きです。
かなり面白い。

39)そうです、だからこそ、傾聴の力が必要になります。

40)ありがとうございます。

41)心の奥のものを丁寧に
説明してくれたコメントだなぁ、と思いました。
人間と神の関係については旧約聖書のヨブ記を
おすすめします。
ヨブは神を信仰しているといいながらも
どこかで神と自分を対等な立場だと思っていました。
そこでむちゃくちゃ酷い目にあうんですね。
(半端ないです)
人間の小ささに気づいたヨブはそこで
神に問いかけ、最終的に神と会うことができます。
ここらへんの詳細は『映画じかけの倫理学』に書いています。

この本の50ページに書いた↓

42)コミック版持っていますW

43)現実でもそういう事例あるみたいですね
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_25.html

44)このコメントは核心を突いている

特別な存在→みんなのためになる→でも結局畏怖されて迫害される

イエスキリストもこのパターンでした。
しかし、その先に「復活する」というさらにイレギュラーなことが
おこったので、信仰になりました。

45)ほんと、やるせない、という感じでしたね
僧侶に諭されていたシーンが印象的でした

46)そうそう、歴史的に「よくあるある」というパターンかも

47)しかし、そういう人間が一番弱いですよね

48)一番尊敬している哲学者・・・・・・
尊敬というよりは、キルケゴールがきっかけで
哲学科に行きました。
さらにさかのぼるとキルケゴールを知ったのは
エヴァきっかけでW

49)問いかけ続けるのが正義だと思う

おまけ
50)配布プリントについて:オタクという存在については
ここらへんを参考に考えてみて↓
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post.html

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_03.html

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/2012524.html

2.今回の講義について
以下のリンクをご参照ください
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_1360.html

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_26.html

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル