2012年5月7日月曜日

勝間和代『「有名人になる」ということ』

勝間さんの本をはじめて買った。

正直、勝間さんがバンバンTVに出まくっている時は
こう思っていた・・・

「この人は経済評論家なのに
イッキにメディアに露出することに関する
リスクについてはどう考えているのだろう・・・」

しかも、仕事を選んでなさそうな感じだし(コスプレとか)
専門家として能力あるのに
そこまでやらんでも・・・と思っていた。

そんでもって、勝間さんの本も
たんなる流行だと思って買わなかった。

あと、TVか何かで見た記憶があるのだけど
熱心な勝間さん信者が
一斉にノートパソコンを開いて
勝間さんのツイートを
拝読する会をやっていて

ここここれは・・・もはや経済評論家を超えた
「何か」では・・・?と

思ったこともあった。
みな、薄々感じているが
いまのネット時代にイッキに有名になることは、リスクが高すぎる。

・・・そしたら、
最近、案の定なことになっていたらしい。

しかし、その
有名になる→ブーム終焉
の流れについて
自分で自分の分析した人って
いままでいただろうか。
さすがにここまでやるとおもしろすぎる、勝間さん。

さらに、帯に西原理恵子がこんなコメントを!
(画像をよーく見てください)
しかも、帯をペラッとめくっても
カバーにまた西原の辛辣なコメントが!!












なんだろ、この本WW

というわけで、買いました。

どうやら、勝間さんは全国的に有名になることについて
「そこまで何が起こるか予測してなかった」ということらしいW
====================
勝間さんは、自分が体験して、以下のような
メリットとデメリットを整理している。

*有名人になることのメリットはさほどではない。
プライバシーの侵害のマイナスに
見合うか、見合わないか・・・ぎりぎりのところらしい
*大きなデメリットは「衆人環視」(トゥルーマンショーみたいな感じかな)
*最大のデメリットは見知らぬ人からの批判・攻撃
*利用しようと近づいてくる人がいる(回避方法も書かれている)

*発言力の大きさ&人脈の広がりがメリット

・・・・・・・うーん、どうなんだろう。
結局、勝間さんの場合、それでも表に出ようとしているわけだから
デメリットよりもメリットを選んだわけですよね。

最大のデメリットとして勝間さんが挙げている
「見知らぬ人からの攻撃」=アンチファンについて
勝間さんは「スルーする」という悟りを開いています。
(悟るまでの3年はジタバタしたらしい)
勝間さん自身、「こんな悪口書かれた」と
報告している内容がけっこう酷い。(外見の話とか)
それを自分で自分の本に書けるとは
かなりの悟りぶりだ・・・。
しかも、悪口で盛り上がってくれるならそれでいいよ、
との菩薩ぶり。
そして、この本の最大のメッセージは
「一度、有名人になったら元には戻れない」ということ。

*戦略的にそのままいくか(メディア露出を絞って寿命を延ばすなどの作戦)

*ブレイクし、終わコンになって元有名人というレッテルを貼られるか

↑この2択ですが、どうですか。ということらしい。

===================
個人的な意見だけど、
そこまでブレイクしなくても「ある程度名を売る」ことで
身が守れる事例もあるかと思う。
たとえば、身近な人間関係で誹謗中傷の被害にあっている場合、
努力の結果が世間にある程度知られることで
理解者が増えて助けてもらえるとか。

たとえば・・・・
小説家・岩井志麻子の場合、
小説家でなかった頃は不審者として
近所で変な噂を立てられていたとTVで発言していたので
(たしかに、ある種の変なオーラが出ているからなぁ)
彼女の場合、小説家として有名になれて
本当に良かったのではなかろうか。

たとえ、有名になってから
岩井志麻子さんのアンチファンが出てきたとしても
やはり近所の人に「不審者」として扱われている時よりも
それよりもずっと良い人生になったと思う。

しかしながら、勝間さんの場合は、もともと
経済の世界で一流だったんだし・・・


身を削って

http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51432919.html

・・・をすべきだったのか、
答えはまだ出ていない。


でも、この『「有名人になる」ということ』という本の執筆に
その経験が活かされ、
この本がなんらかの新しい境地を開拓したのだとしたら
プラスとかマイナスを超えて「面白い」と思いました。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル