2012年5月25日金曜日

攻殻機動隊×集団心理

以前、善悪の問題において
以下のリンクで帰ってきたウルトラマンの
『怪獣使いと少年』をとりあげました。
(以下のリンク参照)
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_13.html
その中で、集団心理の恐ろしさが描かれていました。
(宇宙人と呼ばれる少年を差別する)
この集団心理とはなんでしょうか。
この本で要点をまとめてみました。
1)アメリカの社会心理学者ジャニスは集団思考を論じた

2)集団心理は「不敗の幻想」「満場一致の幻想」を生む

3)具体的な事例としては1961年のキューバ・ピッグズ湾事件

この本は解決策も提示されています。
組織のリーダーが以下のように
動けばいいそうです。

1)反対意見を推奨する

2)偏った立場を表明しないように努める

3)凝集性の低い集団で決議

4)重大な決定は個人が行う
================
また、少数派が多数派を切り崩せる可能性としては
以下の2つが挙げられています。

1)過去のリーダーが実績で承認を得ていく

2)実績のないものが自分の意見を繰り返し、切り崩す

2)の場合、強烈なカリスマ性と強靭な精神性が必要になってくるので
それを描いたものとしては『攻殻機動隊』のテレビ版の
セカンドシーズンがわかりやすいかと・・・
強烈なカリスマ性を持って民衆を
導くという流れがわかりやすく表現されていると思います。


ファーストシーズンの笑い男も
たしか集団心理の恐ろしさについて
描かれていたと思う。
(自分が笑い男だ、とナチュラルに思い込む人々の姿)
笑い男の場合は、個人の欲求不満を
便乗して解消するという側面が描かれていたよーな。
学校、会社、地域社会、さらにはボランティア団体、ヤンキー文化圏にいたるまで
ありとあらゆる組織には集団心理が働き
「あきらかな不正」が堂々とまかり通ってしまうケースがあります。
それを防ぐためにも
この「集団心理」の基礎知識は
組織に属する皆が共有しているべきだと思います。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 月刊住職コラム連載 キャラクター文化 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル