2012年6月6日水曜日

【2012.6.7木曜1限:現代文化講義メモ】

前々回寄せられた意見↓


今回は↑この件について考えて
いきましょう。
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/06/2.html


その他、就職に関する記事は以下の通りです

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/03/blog-post.html

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/04/blog-post_17.html

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/04/blog-post_24.html

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/04/blog-post_9089.html

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/04/blog-post_29.html

http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_08.html


http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/blog-post_27.html

*前回の反応&リクエスト&質問

1)ヘンなものはコミュニケーションツールという側面が
大きいですね。

「男の娘」についてはこんな感じらしい

*あくまでもフィクション
(先生の好きな男の娘は東村アキコの漫画『海月姫』に登場するキャラです)
*萌え要素を含む
*日本には神話を含め女装に関して伝統アリ

いまでは本物の男子が
「男の娘」のコスプレをするようになった。
(↑ほんとかな?と思っていたら、最近
知人の中にいたことが判明し、衝撃を受けた)


2)変なものGET→こんな変なものが好きな個性的な自分が好き→自分萌え→そんな自分をありのまま受け入れてくれる周囲が好き→みんなありがとう・・・・という流れに必要なツールなんですよね

キティちゃんの本ですが、神社とコラボしている本があったので、それは面白いですよ。
全国の神社にキティちゃんのスタンプ置いて、スランプラリーができる本。
(現在もやっているかは不明)これもキャラを利用した神社のプロモーションですから。
3)バブルの時代に青春を謳歌した人の中には独特のオーラが
抜けてない人いますね。
イケイケというか、ハッスルしているというか・・・
前髪のトサカなくなっても常に戦闘モードというか。

4)たしかに、**丸の顔、けっこう損傷してましたね。
ガムテで補強してたキャラもいたし・・・
薄汚れてたのもいました。
そこらへんのボロボロ感がまた
ゆるさとなり、
感情移入しやすいんでは。

汚れになってもがんばる←感情移入して励まされる
5)ゆるキャラ未来予想図ですね。
たしかにこれはおこりえる。
ちなみに「にゃんまげ」がその走りでは・・・?

6)わりと近い過去にあった異常事態っていう
ものは取り上げると面白いですね!

7)セントくんは賛否両論巻き起こり
騒動→結果的にプロモーションになり大成功

・・・だったと思います。
恐いもの見たさで行く人いたでしょうし。

もしあの騒動を意図的にやっていたとしたら
凄いプロモーション方法だと思います。

8)そうそうバブル崩壊と同時にそれまでの自我も崩壊した日本人の
心象風景でもありますよ

9)エヴァに乗らなくちゃいけなかったり
人類補完計画だったり
壮大すぎるために
自分の悩みがちっぽけに見える効能は
たしかにありますね。

ファッションはリバイバル繰り返しますね。
でもトサカヘアーをケープで固めるのは
もうやる人いないと思います。

ガガ様がバブルの日本のコスプレしたら
面白いと思うんだけど・・・
誰かガガ様にバブル期の日本のファッションを紹介する
お手紙とか書いたらどうだろう?写真や実物を添えて。
やってくれるかも?
ガガ様、わりとファンの用意した衣装とか着てくれるタイプだし。

10)そうそう、飽和状態ゆえに
「中の人」の能力の差が求められているというW
11)やはりオタク層拡大しているのか!!(自称もいると思うが)

12)アイデンティティ確立のためのツールですよね。

13)ハイブリット消費はいたるところにありますね。

14)いまとなってはケダモノと呼べるだけの
パワーを感じる男性は稀有な存在になりましたね・・・

15)たしかに、アリスだとヴィクトリアンにすべきなのになぜカントリー?
海外で原宿とアキバの違いがわからず
アキバ原宿文化が混じってしまったように、
日本の業者が「アリス」と「カントリー」を混ぜちゃったんじゃないでしょうか?
あと、日本の装飾文化のキーワードは「キッチュ」です。
キッチュさのひとつと考えれば、いいかも・・・?

16)そうそう。バブル期に年頃だった人は
ハイテンションで攻撃的、そして武勇伝が抜けない傾向があるよーな・・・
そう考えるといまの若者世代が落ち着いて見える。
17)キャラで地方同士交流できるのはいいですよね。ほりゴンは環境にも優しいらしいですよ。
(堀川が汚れると消えてしまうらしい:2年前のプレゼン発表で発表してくれた班がいました)

18)カジュアルで安いブランドが出てきたのは
ほんと助かりますよね。

あと、ティファニーのオープンハート。
あのネックレス、バブル期に異常に多かったです。
19)そうそう、「ゆるキャラの中の人」の努力が
大切になってくるんですよね。
20)キャラをつくるなら無表情ですねっ
21)風男塾見ました!


すべてのメンバーにヲタ属性が付加されているんですね!!
もはやヲタ要素は+として認識されているんでしょうか。

そうそう、コミケはオリジナル主体で出発し
二次創作でブームになった流れが・・・

前回、キャラクターデザインの本を紹介した際に以下のシンポジウム
(N次創作について)の記事の
リンクを貼りました

しかしN次創作って初音ミク
が元祖だっけ・・・と考えたところ
元祖はこれだと思う

先生もスーファミ版で
ゴソゴソとRPGつくろうとして
挫折した覚えがありますW


22)そうなんです、バブルの状態は理論的に続きません。
今日は『バブルの物語』という本をご紹介します。
23)キャラ文化に溢れてますよね

24)このたび、新たにゆるキャラ2012の定義を考えてみました

*地方のマスコットがメインだけど、ゆるキャラブームの拡大によりそうとは限らない
*「中の人」の存在が透けて見える(中の人を想像して楽しめる)
*デザインに「ダサさ」がある
*かわいい7割:カオス要素3割
25)なんと、マック店員さんの生の声が聞けました!!
パフォーマティブ労働とはいえ
心の底からマックを愛しているからこその笑顔なんですね。

ドナルドマクドナルドってキグルミとかじゃなくて
ピエロ系ですよね?顔にペイントしているし・・・。
ちょっときもカワというか、ホラー要素が入っていると思うのは自分だけかな?
26)いつも鋭い考察をありがとうございます。

*着ぐるみありきのキャラデザという視点
*大人だからこそ、くだらなさを楽しめるという考察

これらは非常に的確な分析であると思います。
27)ハイブリットショー費ではなく
ハイブリット消費ですよ~

でも意味はつかんでくださっているので安心しました
28)女性のオタクには
「異性として疑似恋愛」「BL要素」の2種類に分かれると思います。

疑似恋愛派は意外とリア充に転ぶ可能性が高く、
BL要素派はオタクの深いところにはまっていく可能性が高いと思います。
29)BL派の貴重な意見です!

30)そうそう、基本のデザインはこのバランスだと思う!
デフォルメした赤ちゃんの顔。

31)いちみん、かわいいですね

32)そうそう、そういうことです。
みうらじゅんは「仏像」「好きな崖」「いやげ物」「アウトドアでお経の文字探し」など
いろいろブームを提案していますが
いまのところヒットしたのは
「ゆるキャラ」と「仏像」だと思います。

33)バブル期の女性はタカビーで、男をミツグ君、メッシー、アッシーと呼び
なんというか女王様のようなイメージがあります。
いまは貢げる男性もいないし(経済力不足ゆえ)
森で一眼レフカメラ持ってロングスカート=森ガールで正解だと思います。
でもあの清純なロングスカートで
草食系の男子の心を捉えるのかもしれません・・・
蒼井優ちゃんとか。

34)「中の人」がキーワードですね。
ミッキーマウスの場合、「ミッキーは実在する」を前提にしているので
園内に2人は同時に存在できないんですよね。
ミッキーは中に人がいる感じが薄い。
ゆるキャラはまるわかり。
この「中の人まるわかり感・入っている人大変そうという同情感」
が働く大人の共感を呼んでいると思う。

35)ドアラの場合
コアラ<中の人のキャラ
ですよね・・・

36)こまつなのゆるキャラ・・・
どこかで見たことありそうなアメリカンキャラで
ゆるいですね。
あまりこまつなと関係なさそうなところもいいです。
色は緑ですか?


内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル