2012年9月6日木曜日

山竹伸二『「認められたい」の正体―承認不安の時代』×夏目漱石の映画2本 

前期の講義にて「自由」について哲学的に考えたいという
リクエストが来ていたので・・・・・・

この本でまとめます。





この本のP142ページ

1)19世紀末の西欧社会では神経症の患者が急速に増えていた
2)その原因が「心理的葛藤」であることを見抜いたフロイト先生は偉い
3)その心理的葛藤はこれが原因:自由と承認
4)18世紀以降の西欧社会では、資本主義の発展と
それにともなう産業構造の変化など、急速な近代化の波の中で
自由に生きる可能性は確実に拡大しつつあった
5)しかし社会に根づいている伝統的価値観を無視して
自由に行動すれば、たちまち周囲から非難され、
同じ社会に生きる人間としての承認を失ってしまう
6)葛藤キター
7)この葛藤に悩まされたのは誰か?:富裕層である


ここで夏目漱石の話になる・・・・・・

漱石は、「私の個人主義」という講演において、
個人の自由は個性の発展上必要なものであり、
それは個人の幸福に大いに関係する、
したがって他人に影響のない限りは自由を持ち、
他人にも与えられねばならない、と述べている。

でも夏目漱石ってノイローゼになったんだな・・・

自由ってノイローゼの源なのか?

夏目漱石の小説って、わりにヒマをもてあましたノイローゼ気味の
高等遊民が多く登場するが・・・まんま本人像と被るなぁ。

文学のほうの「それから」ではラストに、
仕送り打ち切りになった主人公が
職を探さねばならなくなって不安で
心身症的になり、視野が真っ赤になるのだが・・・・・・・・・・・

たしかこの映画だとそのシーンはない。
映像化したら、さぞかし名作になっただろうに・・・
この映画、なんか物足りないのよね~
せっかくキャストが豪華なのに。
===========================
ちなみに 夏目漱石の「夢十夜」も
フロイト世界観とリンクしております。

夏目漱石と夢十夜のリンクぶりはこちらのブログで解説↓


これですね、ぶっ飛んだ感じですが「夢十夜」も
映画化されているよ~
=============================
  P145からは、時代背景についてもっとツッコミを入れていく。

17世紀以前においては、キリスト教価値観や
それに基づく社会規範があまりに強い絶対性を 持っていたため、
個人は社会規範に従って行動せざるを 得なかったし、
自由はほとんどないも同然であった。

しかし自由がないということは
規範に従っていれば承認される良い時代だったのだ!!!

ところが・・・・・・・・・・・
<続きは次回>

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 月刊住職コラム連載 キャラクター文化 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル