2012年10月1日月曜日

角矢幸繁『英語でペラペラマジック』(東京堂出版)

今回は
本の著者さんから
御寄稿いただきました☆
==================
こちらの御本の著者さんです↓

 


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4490205627/ref=s9_simh_gw_p14_d0_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-2&pf_rd_r=12WP7NV3AMQKMG0B093X&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376756&pf_rd_i=489986

以下は、著者の角矢さんからの
御寄稿文です。
==========================
本職は翻訳をやっておりますが、それ以外にも
ライターや文筆、塾の講師など、いろいろやっております。
変わった所では、国内外のプロマジシャンへのカウンセリング
を行っております。それに関連して、知人が経営している
レストランでマジシャンとしてマジックを演じたりもしています。
「翻訳家という名の何でも屋」と自称している所以です。

逆を言えば、翻訳一本じゃ食べるのは普通大変だ、ということだと
思います。食べられない訳ではないのですが、リスクは分散しないと
いけないですし。

それでも、私は本当に周りの方々に恵まれて育ったと思っております。
非常に特殊なパターンだと思います。

なので、私のやってきた事というのが果たして何かのお役に
立てるかどうか?というのは甚だ疑問なのですが、
確実に言えるなぁと思った事が2つほどあります。


好きを仕事にする人は、多くの場合、意識的にも無意識的にも、
その仕事をするための布石を地道に着々と打っていますね。
どんな資格を取っておけば良いか、どんな人とコンタクトを取れば良いか、
どんな実績をつけていけば良いか、などなど。
私も完全にフリーランスになったのは6年前なのですが、
やはりその前に知らず知らずにやっていたことが布石になっておりました。
(そして、すべての職業はやって無駄ではありませんでした)
 


そして、好きを仕事にしている人を見て、楽して好きを副業みたいにしたい人が
最近増えていますが、大抵は自爆していきますね。
こういう人たちは、「これで食ってやる!」といった元々の好きの度合いが弱いですし、
きらびやかな部分しか見ずに、地道な努力をしたがらない人が多い印象を
受けています。

===================================================

以下は私のコメントです☆☆☆

ライター、塾講師、マジックのカウンセリング、翻訳・・・・

とさまざまな分野でお仕事していらっしゃる
角矢さんに御寄稿いただきました。
ありがとうございます!

しかし6年もフリーランスでやっていくのは
大変なことですよ・・・!

好きなことを仕事にするには
きらびやかな側面だけ見て憧れるだけではなく
地道な努力と根性が必要になってくるんですね。

ちなみに、角矢さんは
あちこちでいろいろな業種を掛けあわせて
お仕事するスタイルをとっていらっしゃいますね。

ここ数年、このような働き方は
ノマドワークと言われています。
(ただし、ノマドワークの定義自体
まだハッキリしていないし、
この働き方については賛否あります)

賛否あるものの・・・・・・
今年、NHKの特集番組で
「未来の働き方」=「ノマドが一般化する」という予想に
基づいたミニドラマが放送されていました。

この未来の働き方についての
ミニドラマについては
講義でも議論したいと思っています。

今後、ノマドワークについて、
もっといろいろな本を読んでみようかな。

・・・・・・・・・・・・・と思ったら、ノマドワーカー用の
       カフェまでできているのか・・・↓(この動画参照)

そういえば・・・
元祖・ノマドはカフェで仕事していることで有名な
ノマドワーカー安藤美冬さんhttp://ameblo.jp/andomifuyu/ではなく
漫画喫茶で仕事してた浜田ブリトニーさんだと思うんですが、

彼女はノマド卒業して、いま現在は企業漫画の会社を起業して
大成功していますよ。

現在の浜田ブリトニーさんの会社はこちら↓
http://www.piece-eight.co.jp/


なんというか・・・・・・

安藤美冬さんの場合

「ノマドワーク×知的美人」というキーワードでタレント化、成功

浜田ブリトニーさんの場合

「ホームレス×ギャル×漫画」というキーワードでタレント化し
起業、成功して社長

・・・・・・・・・・という感じが否めないなぁ。
やはりゴールはノマドではなく、
「タレント」や「社長」だったんかなぁ。

フリーランスでやっていって
もし大成功していって
仕事がどんどん増えたら
結局、会社組織になるんじゃ・・・?
それで、その会社組織にいるのが嫌になった
会社員はまたノマドになったりして。

結局ノマドって何なんだろ?

いずれにしても、個人でフリーランスでやっていく場合、
自分をある程度キャラで売っていく
セルフプロデュースが大切っていうことなのかも?

あと、「売り」となるキーワードが必要かも。

たとえば、今回御寄稿いただいた
角矢さんの場合も

「マジック」×「翻訳」というキーワードがありますよね。
だから、いろいろな仕事ができる。
語学だけ、マジックだけできる人はたくさんいるけど
この2つともできる人は少ないから
その掛け合わせで食べて行くことができる。
=======================
☆おまけ☆

そういえば、私も非常勤講師なので
広い意味で言えばノマドワーカーかなぁ。

講義をするときは学校にいるけど
講義の準備は、自由な場所で仕事できるわけですし。
また、映画コラムも自由な場所で書くことができます。
しかしながら、私の場合はカフェとかで仕事しないし
(というか近所にスタバがないW)
必然的に家で仕事することになるのでありますが。

ちなみに、私の場合の
キーワードはどうなんだろ・・・・・

「映画」「教員」「似顔絵」かな。
あと「変人」とか?

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル