2012年12月14日金曜日

原書房『ジャニ研!』

学生さんの中に「ジャニーズ」に関するレポートを出してくれた人がいまして、
レポートのほとんどが「LIVEレポ」という珍しいものでしたが
それがむしろ「ジャニーズとは何か」概要がつかめるものになっていて
(関ジャニのファン独自の儀礼など)面白かったんです。

しかし、マーケティングの部分となると、ちょっと調査しにくかったみたいで
「雑誌掲載のときに顔の部分が塗りつぶされる(もしくは消される」

えーと、このFREECELLもジャニーズが表紙なのに
見事に抹殺されてますね。表紙真っ白で載ってます。
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/11/freecell-12-20121031.html

というくらいしかわからなかったような。
(初回限定と通常2回買わせるマーケティングをしているという情報もあったが)

そこで、この本をおすすめしようかと。



この本、見た目はチャラいですが、本格的な文化史なので
ジャニーズを「きっかけ」にして文化を学べる
良書だと思います。
(本屋さんはジャニ本関連書じゃなくて文化史の棚に置くべし)

ジャニファンが教養を深めるも良し、
学問畑の人がジャニーズを文化史的に知るのも良し!

この本のP11~「ジャニーズのルーツについて」
1)そもそもジャニーズとは代々木公園でジャニーさんが日本の
少年に野球を教えていたことがはじまり
2)ある日、ジャニーさんは野球少年を連れて『ウエストサイド物語』
 


を観に行きます。少年たち、もともと野球の才能がなかったので、
この映画にインスパイアされて、少年をうたって躍らせようと決意

3)ジャニーズをデビューさせる
 
4)これが成功したジャニーさん、フォーリーブズや郷ひろみ
をデビューさせていく
 
5)例外をのぞけば、ほぼ少年グループ
 
6)ジャニーズには育成の伝統があって
売れそうな少年→先輩のバックで踊るジュニア時代
→長い場合、10年以上かけでデビューもある
 
==========================
この本が面白いのは起源をもっと遡っているところであーる。
P228~
 
1)百貨店創成期にジャニーズの起源的な存在が
2)三越百貨店専属の音楽隊「三越少年音楽隊」
3)大正時代はオトナの男性→女性コドモにスポットが移った
4)消費者としてのコドモが見いだされ
家族で行く場所としての百貨店というイメージに
5)民主主義的な運動大正デモクラシー時に女性と子供が見いだされた
(封建的なものの崩壊)
6)少女雑誌が盛んになったのもこのころ
7)子供こそモノゴトの本質をつかむ、と北原白秋
(コメント:ヨーロッパよりはアメリカのコドモ観に似てるかも)
 
百貨店の吹き抜けで一日4・5回演奏する少年音楽隊
(コメント:これ、イオンモールでも土日に同じようなことしてますよね)
 
============================
 
さらに面白いのは謎につつまれたジャニーさんの出自
P248~
1)彼は日系2世のアメリカ人である
2)彼は戦争に勝った国からやってきた進駐軍の一員
3)日本のコドモに「野球」「ポピュラーミュージック」をいう
アメリカ文化を教えた人
(コメント:ある意味ザビエル的な人なんだな)
4)つまり日本人がブロードウェイのマネしているんじゃなくて
「アメリカ人が日本向けに仕立て直した芸能をやっている」ことに
5)ジャニーズの舞台が「外国人から見たオリエンタルな雰囲気」
にあふれているのはそのせい
 
6)あと、「辞めた人に異常に厳しい」ことで知られる
ジャニーズの「ファミリー感」ですが・・・
あれもほとんどアメリカの****のいうところの
「ファミリー感」なんじゃないかという分析が!
トシちゃんや森くんなど辞めたあとに
干されるのは、↑このファミリー感ゆえなんですな。
ウエストサイドストーリーに見られる
移民の民族的結束がアメリカのファミリーの形でもある。 
 
注)こっちのファミリーの意味じゃないんです↓
  
======================
 
ジャニーさんはアメリカの西海岸で育った。
 
西海岸の文化はいろんな文化のフェイクであり
そのまたフェイクがジャニーズ文化。
 
もともとはアメリカ西海岸の文化・・・ってところまで
いくとは凄いなこの本。
 
そのほかにも、ディスコの歴史や
各グループの分類など・・・
ジャニーズファンの人もそうでない人も楽しめて
さらに教養も積める素晴らしい本です!!
 
ちなみに、対談形式の本なんだけど
みっちり無駄の無い対談で
編集もしっかりしているので
いわゆる「対談本」のグダグダさは全然感じません。
 
=========================
 <この本を読んで、ワタクシが
ふと思い出した事件が・・・以下>
 
光GENJIがブランキーに
喧嘩を売った事件はこちらに・・・↓
 
ロック音楽がアメリカで1950年代半ばに生まれて
日本に伝わってブランキーがデビュー、
 
1957年にミュージカル初演、1961年に映画化された
ウェストサイドストーリーがジャニーズ→光GENJIとなり・・・
 
90年代には日本のミュージックステーションにて
ジャニーズ事務所の光GENJIの諸星くんが
ブランキーの中村氏にガンを切る事件が!
 
・・・という視点で見ると、よけいに面白いなこの事件・・・。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 月刊住職コラム連載 キャラクター文化 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル