2013年1月22日火曜日

ジョナサン・コーン『ルポ アメリカの医療破綻』

マイケルムーア監督の『シッコ』を理解するための
補助として参考になるかと思い読みました。
 




ジョナサン・コーン『ルポ アメリカの医療破綻』です。
 
この本、具体例が書いてあるので分かりやすい!
 
P188~
1)マリジョンは62歳の修道女
2)気分が悪くなり、警備員が救急車を呼んだ
3)カトリック系の病院に運ばれた
4)でも保険には未加入
5)職員が手渡した「医療費は全額支払います」
に×を付けた
6)医師はマリジョンを「医療費は病院でなんとかします」
と安心させ、二日入院させた
7)最後に病院の管理者が経済援助の書類を持ってきたので
記入して帰宅
8)しかし書類の処理にイザコザがあり・・・
9)一年後、マリジョンは訴えられた
 
これにはこのような背景が・・・
 
1)1980年代後半には爆発的な無保険者の増加で
慈善医療への需要が高まった
2)非営利病院はプレッシャーにさらされた
3)政府も保険会社も動き出した
4)結果、ビジネス感覚に乏しい病院は閉鎖、
ビジネスに徹した病院が生き残る
5)非営利病院といえどもお金>使命になる
 
マリジョンが運ばれた病院も、
1990年代後半に、トップにプロの経営者を迎えている。
いまや数百万ドル規模の巨大なコングロマリット
(コングロマリット:直接関係ない業種にまで手を出している企業)
 
マリジョンの場合、修道女が運営している
非営利の病院が修道女を訴えるというパターンになったけれど
同病院は1999年~2003年に元患者を数百人訴えている。
 
今回のケースは、修道女でもカトリックの病院に
訴えられる・・・ということで
わかりやすい事例として出ていたが
全米でこのような事態が発生している・・・とのこと。
 
======================
この本、具体的な事例がいくつか出てくるけど
マリジョンのケースが一番わかりやすい。
カトリックの修道女がカトリック系非営利病院に訴えられるという
事例がある、という一件を知ることで
アメリカの医療の現状を垣間見ることができます。
 
日本が、将来このような事態にならないためにどうすべきか・・・?
を考えるための資料として有効かも。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル