2013年2月4日月曜日

渡辺武信『住まい方の思想―私の場をいかにつくるか―』

20万PVありがとうございます!
記念企画を考えたいのですが・・・
いまはお片付けモードの後半戦なので

【入門編】http://riekonaito.blogspot.jp/2012/12/blog-post_27.html
【理恵子のお片付けダイアリー:1】
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/01/129.html
【理恵子のお片付けダイアリー:2】
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html
【理恵子のお片付けダイアリー:3】
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/02/blog-post_2.html
【理恵子のお片付けダイアリー:4】
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/02/blog-post_3.html

今日も住まいについての本を紹介します。

というか。実は以前、断捨離ブームのときに売ってしまった
本なのですが・・・(売らなきゃ良かった・・・

























「このページだけはどうしても保存しておきたい」
というページがあって
コピーしておいたものが
押入れから出てきました。

コピーしておいたのは、この本のP220です。

なんとバシュラールの引用で
「住に関する思想」についてまとめてあるのがお気に入りなのです。

1)日常生活の具体性の中に生の支えを見出そうとする人間に
とっては、宇宙はバシュラールの言うとおりに「非家」である。

2)したがって・・・・「いま・ここに生きている」という
生に対する信仰は日常の具体性の中に投影される。

3)具体性とは物との交わりも含む。

4)たとえば、ワインを飲むこと。
これは栄養分の摂取というだけではなく、ひそかな儀礼性が潜在している。

5)ワイングラスは聖具でもある。

6)ワイングラスが聖具であるように、家は人の「魂の容器」である。

7)家という船は「自然の嵐」「文明の嵐」に耐えるためだけじゃない。

8)神の死んだ後にひろがる虚無の海をよぎっていくための船が「家」

==============================
<以下、私のコメント>
このページをコピーして
本体は売ってしまったために
確認できないのが痛恨ですが、
「神が死んだ」っていうのはたぶんこの意味でしょうね↓
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/05/4.html

たぶんこういうことかな。

「家」も「日常」も、宇宙の中の地球の上での出来事なので
サザエさん的日常も「宇宙の出来事」なのである。

これ、忘れがちなんだけどね。

私がブログ書いているのも、押入れ片付けているのも
「宇宙の中の出来事」なんだよねW

日常に埋没していると、「宇宙」と「日常」を切り離して考えがちだし
いや、むしろ「宇宙」ってのと「生活」を区切って考えないと
頭が爆発しそうなので、みんなそうしている。

区切って考えないと、こうなる↓
映画『コンタクト』より。
スパイスガールズの曲がラジオから流れている日常も(懐かしい)
実は果てしない宇宙の中の現象だっ
ってことが一瞬で悟れるシーンですW

キリスト教の信仰が人々を支えていた頃は、
日常と神が切り離されていなかったけど・・・
ニーチェが「神は死んだ」「超人になれ」宣言したあたりから
人々は虚無の海に放り出されたんだよな~

しかも目的地が全然わからない。
信仰無き世界を生きるということは
終着点が無いということをも意味する。
目的地の見えない航海のような人生を乗り切るための
「箱舟的な存在」が「家」なんだよな。

だから、捨てない収納ってのは正しいと思う。

やましたひでこさんの場合、「ヨガ」が心の支えになっているので
断捨離ができたんだな。

ヨガは信仰的な側面が大きいので。
やましたひでこさんの場合、
船の錨に「ヨガの思想」があるから
強いんだなぁ。

風水ブームもたぶん、信仰なき時代に
家の中に小さな信仰を散りばめて
不安を解消しようとする・・・
これはポストモダンの時代に
適合したブームだったのかと・・・
 
ポストモダンについての対談記事↓
 
一般ピープルがヨガの思想もないのに、
いきなり断捨離すると、
錨も無いわ、船の積み荷は捨てちゃったわ・・・
船が軽いので、波に翻弄されるわ・・・ってことになりかねない。

適度に船の中に「遊び」や「儀礼性」を作ったほうが
「どこに行くかわからない航海」を楽しくできる、ということでは??

そういえば、押入れの中から、「住まい」に関する
雑誌の切り抜きがいくつか出てきたので、貼ってみます。
出典が不明なので申し訳ないですが・・・・

水野美紀の記事は
日経ウーマンの記事だったと記憶しています。


水野美紀って、ワンレンボディコン系の初期の頃から
浮世離れした感じがしてたけど
「マイワールド」のある人なんだな、と思った。


↑このコンセプトいいですね

↑有名な

コルビジェの海辺の家

究極のシンプルライフ。
一般人にはハードル高すぎです。



↑この本棚、楽しくて良いですね!

次は本棚の収納にいきたいと思います。
次回は本棚の整理に関する
書籍をご紹介したいと思います。

なお、押入れの収納ですが・・・分類はあきらめ
「要らないものは捨てる」「収納しなおす」という妥協点に
着地しました。それでも、かなり風通しがよくなり
モノが探しやすくなりました。

☆押入れからの出土品・昨日の分☆

セル画出てきました

愛の新世界プレスシート

ビルのハンカチ

昔愛用していたカセットテープ再生機

肩からかけて持ち運びも可能です 

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル