2013年2月14日木曜日

「ラブリー」大惨事説VSグラムロックにおけるキャンプ要素

72年ごろに本流スキンヘッズがオワコンとなったという記事がこちら↓
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/02/blog-post_14.html

じゃあ、72年に新しく出てきたイギリスの若者文化は何か?といえば
グラムロックなんですね~

ひき続き、この本の「グラム」の本で勉強します。


これですね。文献を読むよりも、
ベルベットゴールドマインを観たほうが早い!!
 
この映画、私は、いまは無き「シルバー劇場」で観たんだよー
名古屋のサブカルならすぐにわかるはずW>シルバー劇場
 
そのシルバー劇場でパンフも買った!
いまだに手元にあります。
 
 このパンフ見ても、ディビッド・ボウイのことを意識しすぎというか
ボウイがいなくては始まらないので、曲使用許可もらえば良かったじゃんと思うのだが
断られたらしい。自分のつくった神話みたいなのを壊されたくなかったのかね。
 
ホンモノのボウイはこの人ね~
 
代表者はこの人なんですが・・・元祖は違う。
 
T・レックスというバンドがすでに人気あった。
『ベルベット・ゴールドマイン』の
サントラにもT・レックスの曲入っているよ~
 
このT・レックスのマークさんとボウイさんはなぜこのような
ことになったかといいますと・・・
 
60年代二人とも売れておらず
ショウ・ビジネス的にキラキラのラメをまとって売りなおしたという側面があるみたいねー
 
ここらへんの空気は
ベルベットゴールドマインでよーく描かれているわぃ
 
家の10年以上前のテレビデオ(W)で
映画『ヴェルヴェットゴールドマイン』のビデオを再生したのを
スマホで撮影した画像(以下)だから画質悪すぎだが・・・

 
グラムロックのスターが「売れる前」に
ヒッピーにヤジ飛ばされながら歌っている場面。
これも、時代背景をよくとらえているのじゃ~
ってか、これは栗原類くんではなかろうか?W
 
んで、これがグラムロックの演出後・・・なんだけど
ギンギラギンに
ぜんぜんさりげなくない!!
 
これ、何かと言えば「あえて悪趣味」な様式美の
「キャンプ」の要素が入っているのよ~
 
ヒッピーとかモッズの
流れを断ち切り
新しいものを創ろうとしたグラムロック。
悪趣味が新しさになったのだ。
これぐらいヘンなものじゃないと新しくなかったとも言える。
そこにキューブリックの『2001年宇宙の旅』要素を
投入、SF仕立てにしたのが、ディビッド・ボウイ。
悪趣味とSF。これだけ投入して刷新されるのよ~流れが。
 
「キャンプ」は兵士に売春する女性のこと
→それが同性愛男性の様式美
その意味がまた転じて・・・いまでは
「一周まわってインテリにウケる陳腐」
のことを指すみたい。
 
============================
<私のコメント:倖田來未の「ラブリー」事件簿と
結びつけて考えた>
 
ニッキーミナージュとか女性だけど
この要素あるよねぇ?
 
 
これを知っていると
いま大問題になっている
倖田來未のPVが痛すぎると批判されまくっている
「ラブリー」事件簿・・・・・
 
(YAHOOニュースにもなり
速水氏もコメントを寄せている)
 
・・・を「まれに見る大惨事」ではなく
「インテリがネタにできるほどの陳腐さをあえてやっている」
という視点で観ることができると思います。
 
注)ラブリー事件簿↓
 
これ、どこかのライターさんが「きゃりーぱみゅぱみゅの
真似して大惨事」と批評していたがたぶん、違うのだ。
きゃりーとは違う文化圏のものだよ!!
 
きゃりーの文化圏↓原宿カルチャー KAWAII文化
 
一方、ラブリーのPVはドラッグクイーンとか
ニッキーの「悪趣味を楽しむ」という流れから来ているのでは?
 
「インテリがネタにできるくらいキッチュ」
というマーケティングなのでは?
 
実際、ネットで話題になっているし・・・
インテリライター速水さんもネットニュースや
ツイッターでコメントしていたが・・・
 
インテリライターがネタにした時点で
ラブリーのPVの「勝ち」でしょうね!
いま、「おしゃれで無難な映像」を撮っても
なんにも話題にならんよ。
たとえば草原で風に吹かれながら・・・
とか砂丘で馬に乗りながら・・・
といった「これまでよくあったシチュエーションのPV」だと
スルーされてしまう可能性大!!
 
グラムロックが悪趣味ゆえに
時代の最先端だったことを考えれば・・・
いまの時代に、
オザケンを「あえて」超悪趣味テイストでカバーすることは
90年代サブカルのテイストを埋葬し
新しい流れを創る儀礼みたいなもんでは?
 
これ、古すぎるんじゃなくて、新しすぎるんだ・・・たぶん。
 
90年代サブカル世代も90年代生まれも
楽しめる「リバーシブル仕様」の雑誌が誕生したが
 
この「ラブリー」もリバーシブル仕様なんだな。
 
90年代サブカルが怖いもの見たさで観てネタにし、
90年代生まれがナンジャコレと言える新鮮さ。
 
この陳腐さは狙っているんじゃないのか?
 
ニッキーミナージュよりもさらに陳腐だもの。
 
一周回ってインテリが「ネットで動画再生してコーヒー吹ける」のが
次世代の風なのでは。
 
ネット動画で再生回数稼ぐには
最初の数秒が勝負だと云われている。
 
私がいままで観た映像の中で悪趣味さで
心を鷲づかみにされたものは世界で2つ。
愛知小型エレベーターのCMと「ラブリー」だ!
 
愛知小型エレベーターCMはこれだ!
 
どうだ!この愛知県が誇るキッチュさは!!
 
この「悪趣味テイスト」をとことん楽しむという
快感に目覚め、もう一度ラブリーをみてほしい!!
 
そして、留めは愛知県民のキッチュさが
ますます理解できるこのCMだ!!
 
 
「ラブリー」に登場する着ぐるみは
もしかして近藤産興から借りてきたものなのでは??
・・・・・・というのは冗談ですが・・・
 
ネットの社会では、「話題になったもん勝ち」
なので、愛知県のローカルCMテイストにも負けないキッチュさを
PVに取り入れた倖田來未は凄いと思う。
 
悪趣味(キャンプの要素)を取り込んで
新しい文化を創った「グラムロック」を知っていると
この実験的な試みの意味がわかるかと・・・。
 
==追記==
いったん、結論出たかと思いきや、
ツイッターでさまざまなご意見をいただき
結論変わりました!
 
以下は、結論変わるまでの変遷です。
 
はやひでさん:「エロかっこいい」人が一周まわって着地したところがドラグクイーン(オスのメス擬態、ただしコピペ失敗)ってことが大惨事な気が。
突き抜けた先でウケを優先しちゃった違和感。
元々のキャンプが女性で一周まわって同性愛男性の様式美って
話は今回性別真逆で面白いですね。
 
私:やっぱ惨事だー
 
はやひでさん:いやココに目をつけたのは面白いと思いますよ。「ゆるふわ」を目指したら頂点がはるな愛だった話(女マネ服の時ね)
とリンクして面白く読ませていただきました。 一周まわってが男女逆転って10年代の特徴なのかもしれませんね。 「大奥」とかもそうだし… でも個人的には大惨事w
 
私:10年代批評という視点で観ると面白いですね~
男女逆転現象が見られる10年代。
 
spicaさん:歌は悪くないと思ったんですけど、PVはママになって新たな顧客を獲得しようと(工口からラブリーへ)寝返ってまんまと失敗している…と感じました。
 
長澤先生:キャンプというとスーザン・ソンタグですね。ソンタグもやはり性的倒錯の要素を重視していますね。たとえばマドンナの「エクスプレス・ユアセルフ」はキャンプ趣味満載ですが「ラブリー」には性が感じられない。
 
私:なるほど!!
キャンプから性的要素を引いて+同世代のママにウケるように
            =シノラーのようなことに・・・
 
長澤先生:そうですそうです。キャンプというよりは、子供向け番組みたい(笑)。ただ幸田未来にはみんな微笑ましさを期待していなかったので、そのあまりのギャップが「惨事」につながったのでは、と勝手に想像してます。
 
はやひでさん:あ、もしかして大惨事と思う理由に「性を感じないポップさ」というところに行き着いていないと感じているからかもしれない。たぶん突き抜けてポップなら評価してたのかも…。 未熟なアイドルだったらポップと感じたかも…。
 
私:うーん、今回は・・・
 
キャンプから性的要素を引こうとして引けず残存エロ×ママウケ+子供向け番組風
=謎すぎてどうしていいかわからない
 
という結論になりました・・・。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル