2013年2月6日水曜日

性経験と社会性って関係あるの??

以前、この記事を書いたところ・・・

うらんさんからこのような反応が。

うらん:ねえねえ。この前の宮台上野問題って、

宮台氏の記事→http://nikkan-spa.jp/293772
以下の大澤さんの問いかけが
非常に大事な論点だと思うんだけど、どうかな?


自己宇宙化(オタク的感性≠オタクね)っていうのは部分最適の極端な形だと思う。
社会がうまくいってる間は、それでいいんだけど、割と今は非常時だから、
オヤジ世代は「そんなんじゃ全体最適にならないだろ、
家族や友達も守れないし、そもそも日本が沈んだらどうすんだ。」
って言ってるように思う。

それは宮台上野にしてみれば
「セックスしろ」ってことになる。
自分はその部分最適を否定しないし、どっちでもいいと思うんだけど、
今若者は社会に対して、部分最適を全体最適につなげていく
論理や意識が求められているんじゃないかと思う。
 
 
私:あずまんの『一般意志2.0』がヒントになったと思うけど、あの本売ってしまった!
ちなみに、日本がヲタク化して先細りでも、地球全体では人口増えてるよ*\(^o^)/*

うらん:日本は沈んでも構わないよってこと?

 
私:古市さんの本の結論はそんな感じだった気がする。
やる気があるやつは海外へ。
国内でグダグダしたい人はそれで良しみたいな(^◇^;)

 
うらん: (´-`)…(その答えオヤジ世代からすると0点って感じなんだろな。。)

 
私: 古市さんの感覚のほうが、いまの若者の空気に適合してるよ(^◇^;)
バブル⇔ゆとりは異次元に住んでるからねぇ(^◇^;)
狭間でロスジェネが心配している*\(^o^)/*
 
 
 
うらん: ほんとは世代論とかぜんぜん好きじゃないけど、
もう諦めてるってのが本音だと思う。 

 
私:世代論好きじゃないのわかるけど、
生まれた時から既に景気悪くて、
さらに思春期に携帯が身近にある世界って
見えるものが違うのよ(^◇^;)
諦念のその先にある自己宇宙化。
だからおっさんの語りは無効*\(^o^)/*
 

うらん: こっから先はもう価値観だからなんとも言えないけど、
個人的には逃げてるようでダッセェって思うだけ。
性と社会性の関連について・・・あとはよろしく!
 
 
私:つまり、こういうことかな・・・?
自己宇宙化して、SEXしない若者が増えている
→宮台氏は社会性を身につけるためにもSEXしろ、と。
上野センセは若者は熟女とヤレと過激発言し話題に・・・W
そして、うらんさんが紹介してくれたWEB記事では
オタク的な行為が「現実の代償」で、
それでは埋められないものがあるよ、と問題提起をしている。
が、しかし、性経験の有無って社会性と関係あるのか?!
SEXしたことあってさらには子供がいても未熟な人格の人もいれば、
SEXしたことないけど成熟して社会性を身につけている人もいる。
それに、オタク的行為は現実の代償の場合もあれば、
そうでもない場合もある!!

そこは区切って考えなくちゃ。
『桐島~』の映画オタクは創作してたよね??
あれは現実の代償じゃなくて創造性の「ひかり」ですよ。

それを、ただ萌えを消費するだけのオタクと混同しているのが
問題のような気がするのだが・・・

以下、うらん氏の問題提起を
受けての私の考え↓

えーと。というわけで、性と社会性についての関連性は難しいけど
紐解いていきたいと思います!

というか、もともとの宮台氏の恋愛しろ圧力記事を
もう一度読まなくちゃ。http://nikkan-spa.jp/293772

SEXや恋愛のいざこざで人間強くなり社会性も出て家族関係もうまくいく?
なんだそりゃー?!
SEXはパワーストーンかよ!

宮台氏が性と社会性の関連づけているのは
この一文だな↓
SEXや恋愛のいざこざ程度を乗り越えられなくては、社会に対応する力も身に付かない。

でも、社会のいざこざは嫌でもあるんだから、
恋愛は関係ないような気がする・・・。
恋愛してなくても、社会のいざこざに耐えられる人もいるし
恋愛していても、耐えられない人も大勢いるぞW
たとえば、家族関係で悩んで育った人は、
恋愛経験以上にイザコザに強くなっていると思うが。

性の問題って、こんなに単純な話ではないと思う。
めんどくさいけど、1個1個丹念に考察していこう。

SEXで得られるものには「性的快感」がある。
その一方で、ややこしい問題・・・「独占欲」「嫉妬」「失恋」などのノイズが発生する。
ご褒美と試練の連続・・・それが恋愛だとしたら、
それは修行にはなるだろう・・・。

えーと、宮台真司センセはこのノイズの試練を社会に出るまでの
修行にしろ、と言っているわけだが、部活とかバイトとかでも
充分ノイズを経験できるわけだし、それは「性経験推し」の主たる理由に
するにはまだ弱い気が・・・。

だいたい、以下の本を読むと、若者がSEXする理由として挙げられている
理由がテキトーすぎる!!


ここでアンケート結果として出ている
「若者がSEXする理由」を挙げてみよう!

エクササイズ・リラックス・好奇心・快感・さみしいから
復讐のため・仲直り・取引・性欲・気晴らし・時間つぶし
自分の確認・相手を征服するため・ゲーム・義理・賭け・
かわいそうだから

・・・・いや、復讐ってWWW
小沢真珠出演のドラマかよっ

この本では性意識の多極化が指摘されている。
だから宮台真司センセの「いまどきの若者は・・・」という指摘は
微妙にズレている。
「いまどきの若者は」とくくれないのが
いまどきの若者なんだ。

それに、時間つぶしでSEXしている若者よりも
『桐島~』で映像制作していた若者のほうが文化的レベル高いと思う。
人間は動物ではないから、文化的活動のほうをもっと評価してもいいかと。
制作の価値を低く置きすぎだ。
現実の代償として弱い・・・なんてことはない。

性経験が豊富で早熟な派(いわゆるDQN層)と
自己宇宙化しているその他の層に分かれていると思うのだが・・・
早熟な層だって必ずしも明確な意志を持って
SEXをしているわけじゃないんだな。

では、今度は、ご褒美のほうの「性的快感」のほうに目を向けてみよう。

これ、身体的な電流(?)のことだけじゃないんだよねW

これは田村公江先生の『性の倫理学』のP3の言葉が的確だと思う。


この本の3ページ「性的快感には確かに身体的・生理的側面がある。
しかし、それにも増して心理的満足や精神的活動との関連がある。
(中略)
性的快感には「聖と淫」「生命と死」の両面性を持つ。
この複雑さを解明するのは、たやすいことではない。

性的経験のご褒美はノイズに耐えて
「特殊な経験」である性的快感を得ること?
その経験は神秘性を帯びているので、貴重だってことかな?

でも、それが至上の歓びだって誰が決めたんだろ?

確かに、「知っていなければ語れない」のだとしたら経験が
あったほうが有利になる。

それに、歳を重ねてから青春の影を追いかけるように
若い子の尻を追いかけるオッサンとか
性欲が焦げてヒステリーになる中年女性ほど
哀愁漂うものはないので・・・
若いうちにやりつくして、いったん悟る・・・という方法は
まぁ成長といえば成長なんだろう・・・。

極端な事例だと、チベット密教は性的な要素をわりと重視しておるような。
(ただし、途中から実践ではなく観念上の教義になったみたいだ)
チベット密教は詳しくないので、自分は語れないんだけど
どうして知っているかと言えば、
愛知県になぜかチベット密教の寺院があって・・・
そこに行った時に、壁にSEXしている神様の絵を見て
衝撃を受けたからですよ!
(以下はそのときに撮影した画像)

























いやー、インパクトの瞬間にヘッドが曲がる並みの衝撃ですよね?!

このように性的経験に神秘性を見出すなら、
性経験の有無は重要になってくるかもしれないけど・・・
もはや、そんな時代でもないでしょうよ。
チベット密教も性的実践は中世で切り離したみたいだし。

それでも、もし、性的経験を至上とするならば、
『愛の流刑地』とかアベサダとかの人生が最高!ということになりますよ!


そこで、おすすめしたいのがこのマンガ。
『G戦場ヘヴンズドア』だ!

この1巻の以下のコマにすべての答が詰まっているのだ!!!

このマンガのこのコマがあまりに素晴らしいので
泣きました(ほんとに

主人公の堺田くんは、セックス依存気味の高校生で
宮台氏の理論でいくならば、
彼は「社会性を獲得する」ということになるが・・・W
彼は実はSEXして
虚しさを解消していただけなのだ。

それが、「マンガ描き」に目覚めて、
セックスよりも面白いことを知り、
最終的には真の友情を獲得し、仲間も得るという
素晴らしいお話。

というわけで、私なりの結論をまとめると以下

*宮台先生の答は偏っていると思う。

*恋愛にも向き・不向きがあって、若者をひとくくりにして
「若者はSEXしろ」と強制するのはオッサン
(というか、宮台氏の言うことは・・・
「オッチャン昔ワルだったんだぜ
今は落ち着いているけど遊んでたんだぜ俺様語り」
に見えるんだけど・・・ガソスタでバイトしてた時に
社員のオッチャンに聞いた話に似ているのは気のせいか)

*大澤氏の
「オタク的行為は現実の代償になるか」という
問いかけもざっくりすぎる!
創造性を軽く観すぎている。
『桐島~』の映画部の子は動物にはできない
創作活動をやろうとしていて、
それは現実の代償などではない!
SEXはサルでもできるが、映像制作はサルにはできん!

*現実の代償としてのオタク関連商品消費も
あるにはあるけど、いまのオタクは
創作の要素強い。
N次創作ブームだし。

*恋愛に向いている人は、性経験積んだり
人口増やしたり・・・とがんばってくれれば
それはそれで本当に素晴らしい。

*恋愛に向いていない層は
「セックスよりも面白いことを見つけろ!!!
無理してキャラ作ってDQN化しなくてヨロシ」
と言いたい!!

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル