2013年2月9日土曜日

『ビートルズとボブディラン』(中山康樹)その1

音楽好きなら、絶対聴いたことがあるに違いない
ビートルズ&ボブディラン。

両者って、どのような接点があるのだろうか。
別個に聴いていると、それぞれ独立した世界に見えるけど
絶対そんなことないんだよなー

点と点を線で結びつける
松本清張みたいなことをしてくれた本がこの本。



以下、この本のざっくりまとめ

ボブディランは1987年の時点で、次のように回想している。

はじめてエルヴィスの声を聴いたとき、自分は人に使われるような
仕事はやらないし、誰かの下で働くこともしないだろうとわかった

エルヴィスはこちら↓
 
ビートルズの4人がイギリス、ボブ・ディランがアメリカという違いが
あるけれど、初期ロックンロールの洗礼を受けたのは間違いない。

ジョンレノンももちろんエルヴィスの影響を受けた。

当時、ジョン15歳、ジョンの育ての親はこんなこと言っている。

ジョンの生活はエルヴィス一色になりました。

ポール・マッカトニーは14歳でエルヴィスの存在を知った。
学校の自由時間に雑誌で見た広告がきっかけのようだ。

ボブディランとビートルズメンバーはともにエルヴィスの影響を受けたわけだが・・・
1961年、両者ともプロとしてレコーディングする。

でも、両者はマーケティングの方法が違っていた。
ディランは謎めいた感じでケムにまく方法、
ビートルズはエプスタインという人物によって
「作り直し」がされている。
地元を拠点に活動していたビートルズは
革製品で身を固め、不良を気取っていた。
でも、エプスタインはスーツを着るようにすすめた。

<私のコメント>
ディランのケムにまくマーケティングを映画化したのが
この映画『アイムノットゼア』。で、その中で一番好きなシーンがこれ。

==========================

ディランの第一の旬が来たのが1963年のアルバム『フリーホイーリン』。

収録曲は「風に吹かれて」「北国の少女」「激しい雨が降る」「くよくよするなよ」など。

<私のコメント>
日本だと、この映画にボブディランが「神のような存在」として登場します。
その神の歌としてテーマソングになっているのが「風に吹かれて」なのです。
この予告編でも「風に吹かれて」聴くことができますよ!!
この映画、松田龍平・瑛太・濱田岳の
豪華キャストでしかもみんな演技が上手い。
 
濱田岳ってこの頃は「誰だコレ」ってくらいの知名度だったけど
この時から「異常なほど自然体」で、
「ホントにこの人いそう」って思ったし
この人がいるだけでフィクションが現実に観えてくるミラクル。
 
つまり、いまだに伝説となっている名曲で
現代の邦画に「神の比喩」として登場するくらい
このアルバムの曲は名曲揃いってこと。
 
んで、このアルバムをビートルズが聴いたのが1964年。フランス、パリ。
 
続きはまた明日まとめよう。
 

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル