2013年3月8日金曜日

元ヤン⇔いま落ち着いているの時間差ギャップ戦闘値について

前回この記事http://riekonaito.blogspot.jp/2013/03/blog-post_7.html
を書いたら、ツイッターではやひでさんからこんなコメントが!

はやひでさん:そのルート面白いですね。

私:斉藤環先生の『世界が土曜の~』も
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/07/blog-post_5111.html
おもしろかったのですが、結論が古事記になるなら、
今度は古事記の起源が問題になるので、
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/01/blog-post_4.html
結局文化人類学になるような(^◇^;)
通過儀礼とヤンキーの繋がりどうですかね?
通過儀礼ちゃんとしてるから元ヤンは強いってのはどうかなぁ。

はやひでさん: 通過儀礼とヤンキー文化は面白いですね。
「ヤンキーの持つファミリー感」ってものと通過儀礼は親和性が高いかも。

私:親から切り離されて、同性だけの集団(序列あり)で行動するのも、
いろいろな民族の通過儀礼パターンとしてあると思います。
詳細はこのブログ記事を・・・・
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/02/blog-post_12.html

はやひでさん:それもありますね。そうなると部活でも出来るのか。
通過儀礼出来るかは組織の強度になるのかなぁ…

私:縦社会のミニチュアかな(^◇^;)

はやひでさん:なるほど。ヤンキー文化は確かにありますね。
メンバーと幹部とOBとサポーター(取り巻き)、そして敵・・・

私:社会に出る前に疑似的な縦社会で揉まれたり、
バイクに乗って走り出すという儀礼により子供時代に決別するため、
元ヤンは独特のオーラを放つのでしょうか。
先日、女優の吉瀬さんにも元ヤン報道が出ましたが・・・
彼女、モデル→エキストラ→エキストラで大抜擢→アッという間に主演
しかも、なぜだかわからないけど、
デビュー当初からいきなりベテラン女優の風格が
出ていることが謎すぎて。
今回、文化人類学で謎が解けたんですよ。

あー、最初から度胸あるはずだわ。


なんでステキなのか?
「早期に通過儀礼済みだからオトナ歴長いし」・・・ってことですな。


 
通過儀礼につきましては、基本を以下の本の
P156~で復習しましょう。





















1)儀礼の分類はまだ確固たるものはない
2)呪術儀礼・宗教儀礼・個人儀礼・社会儀礼・身体的儀礼・音声的儀礼
心意気儀礼・・・などがあるが、これらの分類では全体像がつかめない

3)そこで、以下の3つに分ける

*通過儀礼:http://riekonaito.blogspot.jp/2013/02/blog-post_12.html
*強化儀礼:集団が統合・連帯を強化するため
*状況儀礼:個人や社会が危機的状態に陥ったときに、この状態を除去し、
打開して平常に復するために行われる。

他にも「積極的儀礼」(祈祷など)⇔「消極的儀礼」(タブーの遵守)の分類がある。

うーん、ヤンキー文化って儀礼的な面がかなり多いような。
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/02/blog-post_12.html
↑ここを復習しよう。

ファン・ヘネップが
もっとも力を入れて解説しているのが

オーストラリアの原住民の加入礼。

男子の10歳~30歳の20年間続くもので、
第一幕は「女子供」からの分離である。

母と切り離され、タブーに服することで
過去と決別するのである。
成人男性の共同体の一員として、課せられた義務を熟知し、
尊重する男になろうとしている。

統合される前の「第二段階」においては
部族によって「死んだ者」扱いなんだそうで・・・
これは幼少期の記憶を消すためなんだそうだ。

第三段階の統合の儀礼は
死んだ者を復活させられ、新しい生き方を教えられる。
トーテム儀礼の教育、神話の吟唱、
しめくくりは抜歯や割礼などである。

これは・・・かなり似ているのでは?
「女子供からの分離」→「男子だけの団体をつくる」

タブーに関しても
ヤンキーは独特のルールあるような・・・
先輩がこういうからこう、とか
先輩の彼女に手を出したらとんでもないとか
なんかいろいろあるだろね。
**はしてもいいけど、**は絶対ダメっていう
ルール、けっこうありそうだ。
(詳しくないので、詳しい方教えてください

「第三段階の統合の儀礼は
死んだ者を復活させられ、新しい生き方を教えられる。」

なんだけど・・・・・・・・「胴上げで卒業」って話を
聞いたことありますよ。
なんだか、ずいぶんイメージ違うな、とも思ったけど
これも儀礼だろうし、「卒業」→OBになる
ってのも通過儀礼っぽいなぁ。


OBは早めに落ち着き、結婚、家族のために真面目に
働くっていう流れもある。
早期にこの通過儀礼を無事にくぐりぬけた者は、
以下のようなこともありえる。

いきなりのリーダーシップ、
いきなりのカリスマ性、
いきなりの起業で成功、
新人なのにベテランオーラ、
いつも平常心・・・
若手なのに異常にこなれていて上司に見込まれる・・・

 
・・・・というような事態を目撃したら
「あー、通過儀礼してきたんだね」解釈で良いのかも。

この元ヤン⇔いま落ち着いている
のギャップも戦闘値になるんだよね!!

時系列を使ったギャップということになる!!

ここでは外見の甘さと内面の渋さのギャップが戦闘値になることを指摘したが
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/03/blog-post_6.html
元ヤン⇔いま落ち着いているも
それ以上に戦闘値に還元される!

なお、「ギャル男ジャンル」でも、この戦闘値は
効くらしく、どうも「昔無茶をしていた」と
将来見せびらかすために無茶なことをしていた時の写真を撮り
OBとして後輩に見せるのが「効く」のだそうだ。
そして、さっさとオトナになり、働く。
詳しくはこちら:http://riekonaito.blogspot.jp/2012/03/blog-post_4074.html
ハクを付けるための、ギャル男。
時間差ギャップ戦闘値で勝つためのギャル男。
戦略的だ!!

じゃあ、成人後に善人がコワモテになるというのは
可能かっていうと、これは無理かと。
なんか、顔つきが違うことになる。
顔つきが形成される思春期・青春期じゃないと・・・
目つきとか、独特の脱力感とかが出ないと思う。

それこそ、宇宙人がやってきて改造することくらいしないと
気の弱い善人→フィリップにはならないのだ・・・
以下の動画で、フィリップが善人だった過去がWWW
(しかし、最近、どんな話でも鷹の爪に行き着くなぁ)
 





内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル