2013年6月28日金曜日

【かーさん事件です】『spoon.』2013.8月号「MILK×AMO」・・・・・となぜか、そこに鷹の爪団?!ガールズカルチャー史にレオナルド博士喰い込む!?

ガールズカルチャーに関して・・・
震災以後、消費との結びつきがほどけてしまい、
BLカップリング祭りに収斂したのでは・・・?
という結論を出してしまいました。

それは以下のコラムにまとめました。
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/06/blog-post_25.html

そして、学生さんからも「震災」がきっかけで
服飾に対する意識が変わったというコメントをいただき、
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/04/blog-post_24.html

その結論はしばらく揺るがなさそう・・・と思いつつも

でも「KAWAII」が世界の女の子を
救うという確信も
きゃりぱみゅワールドツアーの
レポートを読んで出てきていて
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/06/vol107.html

「こんな時代だからこそKAWAIIが必要」っていう気もしてきた・・・
そこへ今回のspoon.の特集が!


しかも、今回2本の柱があって・・・

MILK×原宿×AMOちゃん×ローズ君で夢の世界にいざなわれる。
(AMOちゃんはどこかしら
小倉優子がゴスロリバイブルに載ってた頃の造形に似ているが
ゆうこりんの「コリン星」がゆうこりんの戦略的惑星だったのに対し
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/09/blog-post_6573.html
AMOちゃんは「ホントに根っから夢の中にいる」感じで
ガーリーカルチャー正統派の空気)

震災以後、ゴリゴリのロリータファッションをすると
ちょっと浮いていしまう・・・でも
6%DOKIDOKIのような
世界に通用するKAWAIIテイストが欲しい。

それでいて日常生活で馴染んで着て
楽しめることができる範囲のマイルドさがあるといえば
答はMILKってブランドなんだろうなぁ。

画期的なのはMILK×ローズ君のグラビアだった。
KAWAIIカルチャーが男子にも浸食しているのは
薄々気が付いていたし、
今年大学に入学された1990年代生まれ男子学生さんの中には
「ピンク色の似あう感じの男子」
が増殖しているなぁ・・・と思っていたので
(女らしさという縛りから解放された女子もいれば
男らしさという縛りから解放された男子も増えている・・・!)

あーなんかわかる!という感じだった。

ガールズカルチャーを嗜む男子が
spoon.を買ってもいい時代がついにキタ!というか。
ローズ君ってキャラならそれができそうな気がするので
MILK激推しモデルってのが分かる気がする。

グラビアの色合いが「ヴァージン・スーサイズ」なのも
ドリーミーで良かった。日本→コッポラ→日本に戻ってきた
ガーリーカルチャーが
次にどこに行くのかと思っていたら・・・
「男子のガールズカルチャー」
っていう新しい局面を迎えているような。

そして、いまこの時代に「服飾の夢」が必要な理由を
簡潔かつ非常に強いメッセージで伝えているのが
P29のHITOMIさんの名言!

「女の子がかわいい生き方を
できるような手助けをしたい。
黒いリンゴを食べないように」

これは、自分の中にストンと落ちる言葉で、
ファッションに対するモヤモヤも溶けた気がする。
ひさしぶりに、着飾りたい、という素直な気持ちに
してくれる名言だと思いました。

MILKは名古屋にも店舗があるようなので
機会があればMILKの店舗など
覗いてみようと思う特集でした。
(MILKは私のような30代では
ユーザーになれなさそうだけど
小物だったら許されるのではないでしょうか)
 ==========================
そして、P30~
山ガールファッションのライトなバージョン×手軽に楽しめる自然園
・・・のほうは、リアルなコーディネイトの参考になる。

2年前くらいまで森ガール・山ガールブームってのがヒトヤマあって
そのおかげか「可愛くて丈夫で機能的な山ガール的洋服」が
地方のアウトドア用品店でも買えるようになった。

いまの時代に質実剛健なキャンプ用品店アパレルは適合している。

というか、私のワードローブは山に登らないのに
(注:中学2年の時に1回だけ燕黒岳登山経験があります。ちゃんと登頂した)
キャンプ用のものがやたら多い。(特に冬)
それをユニクロや
キャラものとコーディネイトすると
わりとオシャレ感でるような。

山に登るには
かなり金銭と手間がかかり、
キャンプが自然派に見えてバブリーな家族像の象徴
(『最高の離婚』で瑛太がネタにしてたW)
だったため、リアル山のハードルが高くなっているので
自然園で自然体なモデルさんで
「重すぎない山ガール的アパレル」のファッショングラビアがあると
リアルと地続きなグラビアで、親近感あるある。
これはリアルにコーディネイトの参考にしたい。
雑誌の「向こう」と現実のコーディネイトが
シンクロした感じがしてこれは良かった。

そして・・・そしてガールズカルチャー史に起こった大事件が!!

ガールズカルチャーのバイブルspoon.になぜか鷹の爪が載っているんです!

これはサプライズすぎて、吹いた。
載っていると知らずに読んでいて、本当に驚いた・・・・・・・。

アニメ寄りの別冊spoon.ならまだしも、
本誌spoon.の最後のページが
トイレットペーパーを持つ吉田くんって凄いぞ!

1998年、雑誌Hがエヴァでオシャレサブカル⇔オタクサブカルの
境界を無くしました。

そして、2013年、レオナルド博士テディベアが
ガールズカルチャー⇔ネットカルチャーの
垣根を壊した歴史的瞬間ですよ!

これだ!本誌spoon.に必修科目鷹の爪第一章公開企画が!



歴史的瞬間は本誌spoon.でご確認あれ!いろんな意味で面白い・・・・・・!
というか、本当にびっくりシマクリマクリスティー

AMAZONへ↓
spoon. (スプーン) 2013年 08月号 [雑誌]

そういえば・・・・・
もともとテディベアって「境界を壊す可能性そのもの」だったような気もする。

まず、子供⇔オトナの境界を壊す可能性。
(以下の動画スマホで表示されない場合はPCで)

国境を壊せる可能性もあると思う世界共通のKAWAIIが
「くまのぬいぐるみ」でもあると思う。

ルーズベルト大統領きっかけではじまったテディベア。

シュタイフ社が世界的にテディベアを広めて 「テディベア」は
世界共通言語になった。  

 ドイツ兵の中には戦時中、戦場にテディベアを持参する者もいた。

戦争に赴きながらも、テディベアを愛する気持ちがあれば ・・・
そして敵側も同じテディベアを持って戦場に赴いていると知れば
闘う気も失せる気がする。

テディベアこそ争いを終わらせる「共通言語」になるかもしれない。

増田セバスチャンの6%DOKIDOKIの舞台には無かったけど、
きゃりーぱみゅぱみゅのツアーには「存在するもの」って何か?
といえば 「クマのぬいぐるみ」なんです。

 世界中誰にでも通じる「心和ませる言語化できない言語」だからこその
クマ投入だと思う。

きゃりーぱみゅぱみゅの 
ツアーの クマは以下












このクマの様子は以下DVDに収録されています。
 
宗教的な象徴は宗教観の争いを生むけど
 テディベアなら、 世界に平和をもたらすことができるかもしれない!
  がんばれレオナルド博士! ・・・・・・・とクマエ
(クマエは性別の垣根も壊した画期的なクマ・・・・に似た尊き存在)
================
☆おまけ☆ 6月28日・・・AMAZONのサブカル部門で
奮闘するレオナルド博士の御姿の記録



























性交指南書とモテについての書籍の間に挟まれ
奮闘するレオナルド博士・・・・・ 鷹の爪.jpの第26話
「延々と一日 坂本」でめちゃくちゃHな夢を見た時の
レオナルド博士のお顔(以下、画像参照)を
彷彿とさせる並びですな。










(こうして並べてみると、AMAZONの並びの画像と
 凄いシンクロしている・・・)

なお、この「めちゃくちゃHな夢」を見て
火照っている博士のご様子は
以下のブルーレイに収録されています。



















ちなみに、ちなみに・・・
この第26話「延々と一日 坂本」回でニーチェの永遠回帰を説明した
講義の記録は以下になります・・・

延々と一日でニーチェを解説した講義の記録
・・・・・・・その講義の感想が寄せられた回の記録
この講義では
ニーチェの恋愛・・・魔性の女性・サロメへにニーチェが恋して、
たった1回だけ2人で行った散歩の思い出を大切にして、
「素晴らしい一瞬」があれば
苦難の人生を何回永久リピートしても
運命を愛する
としたニーチェの永遠回帰の思想に関して・・・
ニーチェ→サロメへの片想いの想い出を
レオナルド博士の「めちゃくちゃHな夢」に喩える
という試みをしました。
そして、さらにニーチェが
何度同じ時間をリピートしても運命を愛する
ということを・・・





















第26話に登場する博士が作った
「延々と一日マシン」のバージョンUP版だと
(仮)で想定して説明したところ、
わりとすんなりに通じました。










毎年、ニーチェの説明で
わりと手こずっていて・・・
「永遠回帰」と「超人」について
「永遠回帰は輪廻転生じゃないよ」
「超人はスーパーサイヤ人じゃないよ」
と否定形でしか説明できていなかったので、
やっとニーチェの永遠回帰と運命愛、そして超人に
ついて攻めの姿勢で説明することができました!
ニーチェの思想をアニメに喩えていいのか?という件に
関しましては・・・
ニーチェの「永遠回帰」は
キリスト教の価値観をひっくり返すための
別種のファンタジーとしても機能している故に
アニメ的な説明のほうがしっくりくるのではないか?と思います。

FROGMAN氏にも確認したところ
「俺もニーチェをニチェニチェしてたら、
 ああなった」・・・という
コメントをいただきました!

FROGMAN氏のニーチェに関する
貴重なコメントは
以下のユーストから見ることができます!
リンク先の動画、ぜひご確認ください☆
=============================

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル