2014年2月20日木曜日

月櫻さんをお迎えして…シリーズその7【スマホ普及で若者文化は変わったのか】

まず…シリーズこれまでのまとめ


シリーズその1は
1人目〜20人目の回答を

シリーズその2は
はやひでさんと現代の若者みっちゃんをお招きして、
さらに21人目〜30人目の回答を載せました。

シリーズその3は亜月さんをお招き
31人目〜40人目

シリーズその4はこちら

シリーズその5はこちら

シリーズその6

=============================
そして、今回は伝説の歴女・月櫻さんをお招きしています。

月櫻さん:お疲れ様でした! 興味津々で見させていただいております(≧∇≦)
次回からの比較も楽しみです!

私:先ほど現代の若者に聞いたところによりますと、
スマホ普及で通販がアゲアゲであるそうです。
通販についても質問すべきであるかもしれませんね(≧∇≦)

月櫻さん:それはアリです!かく言う私も、
スマホにしてから格段に通販が増えました。
若者に限ったことではないかも?  
スマホの基本さえ使えれば、物凄く手軽ですものね。

私:なるほどー ちなみにどこの通販がお好きですか?フェリシモですか?

月櫻さん:いやいやいやwww 
Amazonとニッセンが関の山です。
後は通販じゃなくても、スマホにしてから、
イベントや映画のチケット取りにネットを利用するようになりました。

私:参考になりマクリマクリスティーです!

月櫻さん:デジタルネイティブの若者だけでなく、
私みたいなハイテク音痴な年寄りにもスマホは
使えちゃいますからwww 全てを使いこなせなくても、
自分の要るところだけを使えるようになればオッケーなんです。
手軽過ぎて軽くスマホ依存性です(^_^;)

:あ、パソコンとスマホはそこが違うんですね!
実質的にネットの大衆化のきっかけは
常時接続じゃなくてスマホきっかけかな⁈

月櫻さん:そう思います。
デスクトップ→ノートPC→ガラケー→スマホ、
ですけど、使い勝手は雲泥の差ですwww 
常時接続してなかったので、いつでもどこでも
ネットに繋がる環境になって生活は激変しましたwww
PCよりも敷居が低いんですよね、やっぱり所詮は電話だから?

私:常時接続って、普及してるようで、
所詮はネットユーザーがやるものだったよーな。
スマホはネットやらない人まで取り込みましたよね。
あと、やはり手のひらサイズは凄い。

ちなみに、キラー7の最終話のクンランの台詞
「すべてはパスポートサイズで
コントロールできる時代がくる」とかなんとか
…当時は何を言っているんだ?と
思ったけど、スマホに一元化されるということの予言だったのか…。

私は90年代に女神転生のハンドヘルドコンピュータに
ドキドキと胸騒ぎ感じてましたが、まさか実現するとはという感じです。

月櫻さん:あ、私もスマホを知った時に「ポケコン!ポケコン!」って
大騒ぎしたした(°∀°;) 常時接続は敷居が高い、って言うか、
まずプロバイダがどうこうとか、が面倒臭い人種ですwww

私:私はインターネット以前のニフティからやってましたわ(≧∇≦)

月櫻さん:いま、ポスペを思い出して懐かしくなりました。
PCへの憧れとあいまって モモが大好きだったんですよねえwww
この憧れは、ポケモン、どこいつで解消させたような……
ってゲームの話になってしまいました。

私:あっ!私もポスペ、どこいつを辿りましたよ(≧∇≦)

月櫻さん:ゲーム機の複雑化も、PCへの敷居を低くしたのかな?
っていま思いました。プレステとかに幼い頃から触れていたら、
PCへの抵抗なんて産まれないかも?
と言うか、今の幼児はスマホに育てられていますからねえ。
私の父は孫の気を引く為にアプリゲームを落としてますwww 
私のスマホも実家に帰ると姪っ子に弄ばれ……吉田くんは幼児と小学生にも大人気です!

私:幼児からスマホあるとは凄い世代が育つなぁー(≧∇≦)
私の場合はFMタウンズに育てられ、スーファミで連打を覚えました!

月櫻さん:私はゲーム機を買ってもらえなかったのですが
(ここからハイテク音痴かわ始まってる)、
友人宅でセガサターンでギャルゲーをして
とても楽しかったのは覚えています……おっとまた脱線した(≧∇≦)

私:私は天地無用!のごくらくCDROMやときめきメモリアルを
セガサターンでやってました。ときめきメモリアルのセガサターン特典は
詩織バインダーでした。

月櫻さん:昔はPCでゲーム→ゲーム機発売→ゲーム機があるのが当たり前、
のくだりは、PC→スマホの過程に似ているかもしれませんね。
どんどん身近に、手軽に、なっていった。
そしてネットとゲームも両方がスマホに集約されつつあるのかな?

私:ネットとゲームの一元化はデカすぎる

月櫻さん:そこは是非掘り下げていただきたいです。
自分でもアプリゲームしてますが、やっぱり違うな〜と思うところもあって。
でもこれが今は普通なんだよな、と考えるとちょっとモヤっとします(^_^;)  
大したゲーマーでもないくせにwww

私:はい、掘り下げてみたいです(≧∇≦)

============================

以下、スマホでネットとゲームが
一元化してどうなったのか
とりあえず考えてみました。

1)情報もエンタメも自分の手でコントロールできる
(もしくはできると思うことができる)
情報収集端末から得ることが主流になりつつある。
でも、月櫻さんのおっしゃったように
「アプリゲームはなんか違うな…」感は
実は私もあるある。

ある程度は見た目もきれいだし、最初は
楽しいんだけど、やり込むほど深いゲームはなかなか無いし
かつてのゲームのクオリティの高さを
ケータイのアプリでは味わえない。

スーファミ、PS、サターンで作られた膨大なゲームの
作品群があるから、もっとケータイのアプリ化してくれれば
どんどんダウンロードできるのになぁとは思うけど
著作権の問題とか難しいのかなぁ。

もしくはこれくらい捻ってあって
ハマれるゲームを新作のスマホアプリとかで
できるようにはならないのかな・・・


2)もし、ウェアラブルコンピューターが一般普及すれば、
現実の世界とウェアラブルコンピューターを連動させた形での
エンタテインメントが必要とされるんでは…。
現在でもリアルな場と
連動したエンタテインメントはあるにはあるが
もっとGPS機能をフル活用した
参加型のゲームをやりたい。

3)たとえば、「ボーリング場」。
ネットと連動させることで全国のボーリング場を繋ぎ、
常時全国大会が開催されているような状態を作り上げることができれば、
一人でもボーリング場に出かけてボーリングするかも。
そこまでシステムを構築できなくとも、
ボーリングのスコアをTwitterでシェアできる簡単な仕掛けさえあれば、
少なくとも現在よりエンタメとして盛り上がるはず。
スマホを操作したりジッと眺めたりするエンタメよりも、
身体性を伴うものになったほうが断然面白いし。

4)スマホ普及で変化した
買い物スタイルに関しては
「服を買わなくなった」というより「通販にシフトした」
という可能性が濃厚になってきたので
そこらへんを調べてみて何かあきらかになったら報告します。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル