2014年2月9日日曜日

能と怪談の違い:3分で分かる小泉八雲の怪談「耳なし芳一」✖️死者の救済史(池上良正)

吉田主任の小泉八雲シリーズにすっかりはまってしまいましたので

http://鷹の爪.jp/matsue/

その1:http://riekonaito.blogspot.jp/2014/02/max.html
その2:http://riekonaito.blogspot.jp/2014/02/blog-post_6.html

その3:http://riekonaito.blogspot.jp/2014/02/blog-post_7.html

このシリーズでいろいろ考えてみようと思います。

今日はこの回

http://www.youtube.com/watch?v=tBSOmNt1Uic



この、僧侶が平家の怨霊を鎮める…っていうところを
掘り下げてみたいと思います。



1)禅宗を事例にとってみると、
本格的に日本に伝来した
鎌倉初期には葬祭に関わるとしても
僧侶の葬祭だった。
しだいに、貴族・中流武士階級におよび、
広く一般庶民の
葬送儀礼に携わることになる。

仏教が民衆層に深く浸透する過程には
中下層の伝導僧が大活躍…
ここで考えるべきなのは「能」の顧客と
「怪談」の顧客の層のズレであります。

能のパトロンは武士で、怨霊が成仏する定番の物語は
武家の精神安定剤であった。

一方で、庶民向けの説話集は能とは違ったニーズがあった。

2)たとえば、能にはこんなエピソートが使われている。

源氏の武将・盛綱は漁師をスパイにして利用して、殺して、大勝利→
盛綱のもとに漁師の母、漁師の怨霊→
盛綱、ついに弔って漁師は成仏

人を利用し、疑心暗鬼になって殺す必要もない漁師を
殺してしまった事例ですら成仏させるストーリーで
武家の精神安定剤となっていたのか…

3)このような文学的趣向の背景にあったものは?
殺生に生きざるをえない武将たちを
ねたむ死者への恐怖や負い目から解放させる仕掛けがあった

…というのが池上先生の論

4)このような祟り−祀り、供養システムが定型化して
大規模に商品化されるようになり
その「怪談」の全盛期は17世紀〜18世紀であった。

5)その頂点は『雨月物語』(1776年)

==================

ここで面白いのは「能」の世界と「怪談」の
世界観の違いが明確に説明されているところであります。

能:亡霊が例外無く「無難に」成仏する
(支配層と既成仏教の僧侶がむすびついて、供養によって
 解毒された死者のイメージを量産した)

怪談:一見したところ町民文化のあだ花に見えるが
じっさいには民衆文化に深い根をはる。
(つまり能と違って先は全く読めないFlashアニメのような存在)

たしかに読めない代表例:http://www.youtube.com/watch?v=ARl8fa3dua0

この先が読めないFlashアニメのような怪談はどんな
役割を果たしたか?といえば…

民間行者、巫女的宗教者の活動の場を豊かにしたのであります。

つまり、「先が読めない物語」
「怨霊がどう動くか分からない事例」
が一般に普及すれば…
民間の宗教者に対する個別取引のニーズが生まれてくる。

芳一の怪談も、怨霊の動向がまったく読めず
ついには和尚さんのうっかりミスで
耳にお経を書き忘れて惨事に。

供養の失敗事例としての怪談だけど、
この話の基本にあるのは、芳一という
「琵琶法師」の職業のストーリー。

琵琶法師は
民間の宗教者でした。

https://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0904/sin_k469.html
↑上記リンクより抜粋してみる
琵琶を演奏して歌う芸能民であると同時に、
祈祷によって怨霊や祟りを鎮める民間の宗教民であった琵琶法師たちは、
そのほとんどが盲目で、「耳」を媒介に世界とかかわる人びとでもありました。


「能」ではなくて「怪談」こそが
民間に信仰を広める礎となったことがベースにあって、
さらにそういった話はなぜ必要とされたかといえば
民間の宗教者に対するニーズを生むためでもあった。

そして、民間の宗教者として存在していた琵琶法師。
琵琶法師が怨霊を鎮めようとする話が
どうして生まれてきたか?という背景に
あるものを知っていると「たんなるコワい話」ではなくて
歴史の上で必要があって生まれてきたことが分かるのであります。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル