2014年5月26日月曜日

「鷹の爪」が生まれた背景には何があるのか

☆自己紹介
http://www1.m1.mediacat.ne.jp/riekonaito/

☆『必修科目 鷹の爪』誕生までの経緯

*当時、大学の非常勤講師として「哲学」「企業と社会」などを
担当していました…

*「哲学」の講義で
「ルソーの人間観」について
わかりやすく説明したいと思い
あれこれ考えたところ、
クレヨンしんちゃんの
「ぶりぶりざえもんの冒険」に行き当たる。
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/04/blog-post_20.html

☆プリント参照

*「ぶりぶりざえもん」を検索していたら
鷹の爪がクレヨンしんちゃん実写版を
勝手に宣伝するムービーをつくっていた…のを発見!

(以下はニコニコ動画ですが
 私が発見したときはYOUTUBEでした。)


===それからしばらくして===

「企業と社会」の講義で
「ゆるキャラ」「キャラクタービジネス」を
テーマにしてみようとおもいつく。

そこで、『ゆるキャラ論』を読んでみると…

2013年元旦
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/01/blog-post_1.html

『ゆるキャラ論』に
「ゆるキャラはもうゆるくない宣言」が…

そこでTwitterで「じゃあ本当にゆるいキャラは何か?」と問うと
くまこさんが「鷹の爪団」じゃないかしら?と…

そこで、鷹の爪の動画をYOUTUBEで探し始めたところ
まんまとハマってしまうのであった!!
そのときの記録がこちらになります!

2013年1月4日
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/01/blog-post_4.html

2013年1月5日(調子に乗ってフィリップ✖️ヒップホップ考察を)
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/01/blog-post_5.html

ここで「鷹の爪団」のメンバーは何かの象徴なのでは?
と考察を開始


1)総統のキャラ:あらゆる権威の失墜を表現 (とバブル世代?)

2)フィリップ:偏差値教育の枠組みから外れるけど
働き手として実力がある

3)レオナルド博士:
科学技術と
KAWAII文化・キャラクター文化に
踊らされる現代日本への皮肉を表現
(レオナルド博士、金で買収されやすい)

4)菩薩峠:宗教要素

5)吉田くん:ロスジェネ世代っぽい

敵)デラックスファイター:アメリカ的な正義

いま・ここにある日本全体の空気感を
表現する「鷹の爪」は、
パッと見よりも、深い作品だと思ったのであった!

☆プリント参照

年明けの「哲学」の講義はぜひとも「鷹の爪」を
題材にしてみようと思いつく=============

鷹の爪NEOのDVDを観て、ピンとひらめくものが…

「トイレ大作戦」(NEO 第6話)

そして2013年1月14日大学の「哲学」の講義で
「正義とは?」というテーマで以下を展開

吉田くんのトイレの使い方がわるい
(吉田くんが団員と共有のトイレを少し侵略)
つまり、アメリカ大陸は先住民のものだったのに
それを侵略する者が出現
→トイレをどんどん大きくしたらいいやんということに
(アメリカ西部開拓史・ネイティブアメリカンに酷いことをして土地を獲得)
→トイレをどんどん大きくしたら、キッチンもつけたらいいやん

→寝室もつけて・・・(オイオイ・・・)
→もはや巨大化。全体を移動できるようにしたらいいやん

→敵が来た時のために武器も付けよう
(これがアメリカ合衆国の正義、戦争)

→ついに立派な島になる(開拓しつくし、開拓するべき土地がなくなる)

右が巨大化したトイレ要塞
左がスーパー

資本主義が・・・

温泉や動物園の娯楽まで・・・

→島にスーパーや警察署、消防署もつくる
遊園地もできて、幸せに遊ぶ子供も・・・
その子供は祖先が先住民を虐殺したことなど知らない。
(もはや、最初の開拓使で先住民を虐殺したことなど
すっかり忘れて、子孫が警察に入り正義を掲げている
その中で資本主義が生まれてお金中心の社会ができている。
自由民主主義は正義の看板?
また非西欧諸国に同じことしてないかなぁ?)

→最後の吉田くんの一言
「トイレは汚いものじゃないですか」
(これは深い一言)

アメリカ中心の西欧文明世界VS非西欧世界
という善悪二項対立図式ってどうなんだろう?というテーマ

その時の講義の記録がこちらです。
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/01/2012122.html
=========================

そして時はしばらく流れ…

2013年4月2日

鷹の爪.jpの「クマエさん」を考察したブログ記事を書く

http://riekonaito.blogspot.jp/2013/04/blog-post.html

「クマエさ
→それがネット(はてぶ・Twitter)で話題に…
→DLEの社内にも届いたとのこと。
同時に出版社から『鷹の爪本』の企画が来る。

「クマエさん」(MAX5巻の映像特典として収録されています)

鷹の爪ワールドの構造の面白さにも気がついた頃↓(図解)


==========================

4月初旬:鷹の爪とのコラボが決まるが、
6月出版で書きおろしという
強行スケジュール。

しかも大学の非常勤の仕事もあるので
寝る時間がなくなる。

空いた時間でこれまでに観ていなかった作品も
どんどん観ていくことに…

劇場版(1作目)を観て総統の志に感動!
モチベーションUP!!
このアニメのためならなんでもする!という気分アゲアゲ
な執筆活動だったが…

『鷹の爪 THE MOVIE 〜総統は二度死ぬ〜』

しかし…
2〜3章分くらい書いたところで、
体力&気力ともにギブアップ寸前。
朝、疲労で気絶し、立ち上がれなくなる…。

しかし、ギブアップ宣言しようとする直前に
唐突に閃いた「藤子・F・不二雄作品との比較」のアイデア。
やれるだけやってみてから諦めよう…と思ったら続きが書けた。

『一夜の世界征服』(jpの第14話)
『サンタクロースを捕まえろ!』(NEO 第33話)

最終章でもつまずくが…
「フランスオペラ」と「レオナルド博士」を
結びつけるという荒技で、完結…

原稿がいったん完結した後で
初めて監督と対談することに。(ビデオ会議)

というわけで、まだ関係者には誰一人リアルで
お会いしていない状態で出版に至ったのであった…

サンプル本が出来上がったと同時期に、
『世界征服ラヂオ』の出演のお話が!

ラジオ出演:http://riekonaito.blogspot.jp/2013/06/blog-post_22.html
(監督や関係者とリアルでお会いできたのはこの時が初めて)

そして発売:http://riekonaito.blogspot.jp/2013/06/blog-post_27.html

しかしながら、書籍を読んでも
映像を観ていない人にとっては
よくわからないという事態が発生。

そこで、『必修科目鷹の爪』補講のWEBページをつくることに。

補講ページ:http://riekonaito.blogspot.jp/2013/07/blog-post_6653.html

============================

それでもまだ書き足りなくてコラムで外伝追加
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/08/blog-post.html

鷹の爪GO解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/09/blog-post_6.html]

=====================================

そして…ついに燃え尽きた…

が、やはりやめられない鷹の爪考察&二次創作

☆『必修科目鷹の爪』出版以降に
「鷹の爪」を考察した記録は以下です。

1)マクロ経済大回転ゲームのルールを勝手に考案
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/07/blog-post_13.html

2)能と鷹の爪
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/07/blog-post_7867.html

3)西行と鷹の爪
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/07/14.html

4)自分探しと鷹の爪
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/07/2016.html

5)ニーチェと鷹の爪
鷹の爪.jp第26話「延々と一日 坂本」回でニーチェの永遠回帰を説明した
講義の記録は以下になります・・・

延々と一日でニーチェを解説した講義の記録
・・・・・・・その講義の感想が寄せられた回の記録
この講義では
ニーチェの恋愛・・・魔性の女性・サロメへにニーチェが恋して、
たった1回だけ2人で行った散歩の思い出を大切にして、
「素晴らしい一瞬」があれば
苦難の人生を何回永久リピートしても
運命を愛する
としたニーチェの永遠回帰の思想に関して・・・

ニーチェ→サロメへの片想いの想い出を
レオナルド博士の「めちゃくちゃHな夢」に喩える
という試みをしました。

そして、さらにニーチェが
何度同じ時間をリピートしても運命を愛する
ということを・・・



















第26話に登場する博士が作った
「延々と一日マシン」のバージョンUP版だと
(仮)で想定して説明したところ、
わりとすんなりに通じました。










毎年、ニーチェの説明で
わりと手こずっていて・・・
「永遠回帰」と「超人」について
「永遠回帰は輪廻転生じゃないよ」
「超人はスーパーサイヤ人じゃないよ」
と否定形でしか説明できていなかったので、
やっとニーチェの永遠回帰と運命愛、そして超人に
ついて攻めの姿勢で説明することができました!

ニーチェの思想をアニメに喩えていいのか?という件に
関しましては・・・
ニーチェの「永遠回帰」は
キリスト教の価値観をひっくり返すための
別種のファンタジーとしても機能している故に
アニメ的な説明のほうがしっくりくるのではないか?と思います。

=============================

6)鷹の爪と大亀

7)鷹の爪と墓参

8)鷹の爪と孫子

孫子その2

9)二次創作も

10)鷹の爪7映画感想

11)鷹の爪といじめ問題

==============================

おまけ☆粘土コーナー



内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル