2014年5月9日金曜日

世界の宗教(5)質問&回答

注)全部は掲載されていませんが
全部チェックしていますのでご安心を


うーーーん…日本


旧約の神は「さばく神」だから
新約のイメージとは違うと思うよ>モーセの時の神様


うーん…家族サービスと民衆を救うのが両立しないのは世の常


関係あると思うよ

宗教✖️動物ネタだけでも研究になると思う

蛇は善悪両義的って解釈でいいと思われる


うーん
イエスの「父と子と精霊」×→「父と子と聖霊」◯
が一番の間違いだとおもうけど

あえていうならブッダが「ほけきょう」Tシャツ着ているのは
おかしいような気がする…
法華経は大乗仏教だから


エレファントマンって、たぶんヨブ記にも関連しているような気も


セブンもエミリーローズ観たW

キリスト教圏では聖書っていう物語がいろんな意味で
あまりにも強いので、映画にしろなんにしろ
それの引用かそれに対抗したものになってしまうのでは…


おお、旧約聖書はユダヤ人の歴史で
そのユダヤ人の中からイエスキリストが出てきたんだよ。

つまり、キリスト教としては
イエスキリストの新約聖書を使うけど
じゃあ、そのキリストの先祖はどこから来た?
っていう意味で旧約聖書を読むのです。


===========================

<アニメの続き>

モーゼはこここそ約束の地であるとして攻めました。



イスラエルの人々:「エジプトにいたほうがよかった」



神:↑この態度に怒る



モーゼ:カナンを夢見ながら死亡



後継者として従者からヨシュアが選ばれる

ヨシュアが指導者になり、カナンに入る

ヨシュアのカリスマにより勝利



<<その後、いろいろある・中略>>



ソロモン王の死後、イスラエル分裂


北のイスラエルと南のユダにわかれる



北のイスラエル、
いろいろあって民族としてのまとまりを失う



まとまりを失ってサマリア人と呼ばれる



一方ユダの人々は・・・
新バビロニアに攻め滅ぼされる。


でも、ユダヤ人はアイデンティティを失わなかった。 

<ここまで旧約聖書>

そしてユダヤ人の中からイエスキリストが!(ここから新約)


新約聖書ね

日本の場合はアニミズムベースだから
一神教と根本的に違うよ


声優書いてなかったW


おおお、それがいいたかった…
ありがとう


ノアは実写映画があるぞよ

あれは旧約聖書だからユダヤ教であって
キリスト教の教えではないのよ。

ただキリスト教徒の場合、
イエスキリストの祖先がユダヤ人だから
旧約聖書も範疇に入るわけです

聖女といえば
ジャンヌダルクとか挙げられるけど
(ミラジョボヴィッチが主演で映画にもなってた)
信仰ゆえに何かを成し遂げて
(迫害に遭うパターンあるある)
のちにカトリックから聖女認定がくるのであります。


魔界王子ポチりました


ケース39は後味の悪い映画全米ナンバー1だから
そういう意味で珍しいから観てみる価値はあるかも


モーセかモーゼはどちらでも◯

日本で宗教に関わっているものはあるよ
追々やっていきます


というか平安時代の都も
おんなじようなことになっているから
そっちのビデオも観たら良いかも


うーん…いまは欧米でも宗教離れが進んでいるから
なんともいえないと思う。
逆に、一時期欧米でチベット密教が
流行した時期もあったし
NYで禅が流行してたりするからなんともかんとも


うーん、仏教って意識しなくても
自然に「そこにある」って感じがゆるくて
良かった気がするけど
それに物足りない人たちが
上座部仏教に傾いている感じがする。


パルプフィクション、あれがラストなんだけど
時系列のラストは中盤に持ってきてあるという粋な試み



旧約聖書からカエルの引用を行っている
映画はここに



留学はチャンスのあるときにしたほうがいいと思うけど
いかんせん自分が留学経験ないので
アドバイスできないので申し訳ない…

でもこの大学の先生は留学経験者がたくさん
いらっしゃるので心強いかと思います

宗教研究をしていて楽しいな、と思った時は…
というか研究を始めてから10年経過しましたが、
楽しいと思ったことを走馬灯のように思い出してみました。

*初めての学術大会の発表がうまくいき、しかも朝日新聞に載った
(注:そのあとスランプが来た)

*宗教研究じゃないけど、ブログで勝手に
解説書いていたら鷹の爪とのコラボが
決定した瞬間の喜び
(注:しかし、その後「書き下ろしで2ヶ月で
1冊本を書く」強行スケジュールで地獄を見た)

*月刊住職でコラムを書かせてもらったこと。
そしてこの前のTwitterでの月刊住職祭り。

*なによりも、「研究していなかったら
会えなかったであろう人」と会えたこと。

…といろいろありましたが
嬉しい瞬間というのは本当に一瞬で過ぎ去り
たいていが苦しみです。
とくに20代後半なんて30秒に1回の頻度で
大きな不安の波に苛まれるような感じでしたよ…
それでも、研究していて良かったという瞬間があったから
良かったけどね。あと、自分の中で気になっていた
「集合的無意識はあるか」って疑問に対して
自分なりの答が出たっぽいので良かった。

あと、キリスト教関連か、国際経営か、世界史か…というところですが
「将来の就職(一般的な就職)に有利になる順番」で
並べるなら

国際経営>世界史>キリスト教

だとは思う。

でも、将来、キリスト教関連の
職業に就職するのであれば
キリスト教の研究もありだと思う。

先生の友達で

キリスト教研究→洗礼を受けカトリック信者に
→信者限定の就職口に就職

という人がいました。

就職は関係なく好きなジャンルの研究をしたいのであれば
それぞれのジャンルを齧ってみて好きな方向性に行けばいいのではないかなぁ。


うん、わけがわからないものでも
研究していくと「あっ」と思うところが面白いのであります。
たぶん、コンテンツ批評の醍醐味ですわ。

クリエイターの真意をつかめた時とか。
でも、それがズレていても面白いんだけどね…


あの後大変なことになります
食糧難になったり
モーセが山に行っている間に
人々が不安になって偶像崇拝してモーセがぶち切れたり


おお、古事記、古事記についてやらねばならぬ


極度の純粋さは紙一重だわね

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 月刊住職コラム連載 キャラクター文化 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル