2014年6月20日金曜日

現代風俗文化論(11)の質問と回答

6月19日にプレゼン発表してくれた
チームKNさんに業務連絡とお詫び

KNさんチームはレジュメをネットに載せてもいいと
してくれていたのに
先生のうっかりミスで
レジュメを受け取り忘れました!
(うっかりしていました!ごめんなさい。
 もしよろしければ来週レジュメを
 ご持参いただけないでしょうか…せっかく社会問題の提起に繋がる
 良い発表だったので、ぜひとも載せようと思っていたら
 レジュメを受け取り忘れていたことに後から気がつきました)

============================

オタクはもともとハマりやすい気質の人なんだろうから
いざ気合いを入れてファッションにハマるとなると
通常より「濃い感じのオシャレ」になるのかも


ものまねメイクって
ネットのネタ的なモノが文化になる傾向
+ガールズカルチャーの
結実みたいな存在だよね


90年代カルチャーも熱いよね!
みなさんは90年代カルチャーについて
どう思いますか??




ユニクロの企業努力は凄いよね


メイクの仕方の変化も面白いけど
教育者が化粧についての見解を
時代によって変えているところが面白いと思いました


発表者の熱意がみんなに伝わったみたいですね


私はここ10年くらいユニクロで洋服を買っています。
ユーザー側から見ても、どんどん質もよくなり
着用できる年齢層も広がったと思います!
家には歴代のUTが並んでいます。

アプリで作るオリジナルUTも作りましたよ!



私は、夏にうっかりヒートテック着用して
その保温効果の凄さを思い知ったことがあります…


次回、オタサーの姫についての研究を紹介します!


次回、お化粧に関する文献持っていきます


CMについての研究も面白そうだよね。

次回、人生の中で印象に残っているCMを書き出してもらって
その集計を取ろうと思うんだけどどうだろう?


ボカロ文化に詳しい学生に聞いたところ

普通のボカロ曲が流行してた時期
→カラオケでは歌えないような
機械ならではの超絶技巧系の曲増え過ぎ
→パターン化→最初のブームよりは盛り下がっている

という流れなんだそうです。


庵野監督が声優・宮村優子に
「こういうおとこってどう思う?」と聞いて
返ってきた返事があの台詞だったという
エピソードもあるけど、結局その
台詞を引き出したのは監督だと思われる


でもシンプルに考えて、見た目は美しくしてたほうが
本人も周りも心地よいかもしれませんね。


Perfumeとボカロの流行って
どのくらい重なっているんだろう?

調べてみました


ボカロパッケージリリース2004年:http://dic.nicovideo.jp/a/vocaloid

ボカロの流行の前には
まるで機械のように歌うバーチャルアイドルのような
三次元アイドルPerfume→耳が慣れる
→だったらボカロでいいやんという流れがあった模様


一度観てみたらいいと思います>エヴァ


私もそう思いました


私が所有している服のほとんどがユニクロです


あの原色ベタ塗りの状態のときは
まさしく防寒用の何かだったのに
いまではオサレの範疇に入ってきて、今年はついに
ユニクロ系列のGUが
エルガールとコラボまでしてました


おお、まさに今回の結論はそれだ!
きれいにまとめてくださりありがとうございます。


炎上マーケティングの系列では、要潤が出てくる
きのこのCMとか話題になったわね


いまは「シンプルで高品質」っていうイメージなのね


たしかに、現代の化粧品の成分分析も気になる


いや、むしろ安いイメージを覆す方向性に
シフトするみたいよ


機械で色気は出せない←鋭い!真理だ!

たしかに、ボカロのキュートさというのは
艶っぽさを出せない裏返しだわね


問題提起のためなら作品全体のバランスは二の次
という姿勢には賛否あると思いますが
アニメクリエイターのゴールのひとつとして
「観客の現実を動かすこと」だとしたら
成功しているような


ありがとうございます

村上春樹が名古屋の喫茶店を批判しているんですが
これはどう思いますか?


新作エヴァQと比較して考えたことが
必修科目鷹の爪のあとがきに載っています

ユニクロのUTの中には
日本の企業のロゴマークTシャツとか
あきらかに「対 海外」の商品がありますよね

あとロゴを「ユニクロ」というカタカナにしたのは
あえて海外で日本らしさを売っていくためかと…


プレゼンのメッセージがみんなにつたわってますね






庵野氏の凄いところはエヴァのあとに『フリクリ』という
作品を監修しているところで、そこでは
「エヴァの解説本を作っていたサブカル雑誌の元編集」という
設定のキャラ(主人公の父)が出てくるのよW

エヴァブームが何だったのか?を自ら揶揄しているところが
とても面白いと思いましたし
エヴァの深読み祭(?!)に対する
監督の答がそこにあるような気がします。
という部分を次回説明します。


おおお、これはすごく勉強になる!!

A)の時期:2007〜2009年

(以下の動画、スマホで表示されない場合はパソコンで)


Bの時期:2010〜2011年


Cの時期:2012年


カゲロウデイズ:2012年

たぶんカゲロウデイズの世界観が出来上がるまでには
ノベルゲーム、ひぐらしの謎解き、東方ブームなどで
出来ていた基盤があり、



パラレルワールドの世界観が
科学でもサブカルでも流行し…





↑そこらへんの流れがあってこその
カゲロウプロジェクトだと思われます

==========================

すべてのコメントが掲載されている
わけじゃないけど、全部チェックしているのでご安心を

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 月刊住職コラム連載 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル