2014年8月8日金曜日

【シリーズその3・『暴走族のエスノグラフィー』を読む】エグゾーストノートが何かわかった

まずは以下の動画の最後の歌をお聴きください。
(以下の動画、スマホで表示されない場合はPCで)

この曲のタイトルが「恋のエグゾーストノート」なんです。
ちなみにCD版で聴くと、歌詞にも出てきます。

この動画の最後の曲が 「恋のエグゾーストノート」なのですが… 
そもそもエグゾーストノートとは…?

そして秘密結社鷹の爪
とエグゾーストノートの関係はあるのか??
  …と思ったらあった!! 

といいますのは、ここのところ、この本を読んでおりまして
シリーズその1:http://riekonaito.blogspot.jp/2014/08/blog-post_6.html
シリーズその2:http://riekonaito.blogspot.jp/2014/08/blog-post_7.html 

いま第二章を読んでいるところなのですが
そこにまさにエグゾーストノートと
秘密結社の関連性が 出てくるのであります。

 ===================== 
シリーズその2では 暴走と「フロー体験」の
つながりが分かってきたのですが
  http://riekonaito.blogspot.jp/2014/08/blog-post_7.html 

そのフロー体験と「車の改造」に関係性があるみたいなんです。 

まず、車種の選択および改造のパターンは
暴走時のフロー創出と
深いかかわりがある。 

以下の動画では、ミュージックホーンによる
クラシック音楽の演奏が描かれていますが…
(以下の動画、スマホで表示されない場合はPCで)

ミュージックホーン↓


このような装置は刺激領域に集中させる装置と
して「フロー創出」に役立っている。
  http://riekonaito.blogspot.jp/2014/08/blog-post_7.html 

☆以下は本文からの引用
また非日常的でカーニバル的な活動の世界を演出するうえで不可欠な
騒々しい音をつくりあげるために必要なのである(P89)

そして、フロー創出のために欠かせないのは
音楽的要素に+して「走り」のための改造です。

*急発進・急加速を可能にするエンジンの改造
*サスペンション系およびタイヤの改造
*急激な進路変更を可能にするハンドル改造

いずれも、暴走のリズムと走行のリズムを同調させるうえで欠かせないそうです。

ちなみに、エグゾーストノートとは…
心地よい排気音のこと。ノイズとは区別されるが
一般人にとってのノイズ(改造車が出す大仰なノイズ)
は族にとってのエグゾーストノート
だったりするそうな。

ゆえに、吉田主任が歌う「エグゾーストノート」とは
鷹の爪団には心地よく、団員以外にはノイズにも聴こえうる
という意味なのかもしれませんね…まさに秘密結社!深い!

私の補足======================

先日、高崎だるまに魅せられて、

「高崎だるまの職人の求人はあるか」というのを

本気で調べていたのですが
(もしあったら転職も視野に入れて)

なんと、みつかった結果が

「学歴経験不問だけどオートマ限定免許は不可」

…というだるま制作とは直接関係の無いものでした。
(オートマ限定の私はこの時点で挫折した)

この理由として考えられるのは

「だるまを運ぶトラックがオートマではない」
もしくは
「オートマ限定みたいなな半端ものはダメみたいな精神性」
「オートマ限定みたいな走りを知らないヤツはどうせ
だるまも半端にしかつくれないという考え」

のどちらかと思うんですよね…

===========================
エグゾーストノートに関する価値観もそうなんですけど
車の改造のデザインも「一般」「族の身内」で
価値観が大きく違うみたいなんです。

「あのグローブはライダーのものなのに…」
「横分けの髪型のやつが改造車乗っている」

という「一般人からしたら何がまずいのかわからない」
ところで盛り上がれる族の価値観とは一体…?

本書『暴走族のエスノグラフィー』における
改造車両に関する解釈は以下

改造車両は、暴走という、宗教的秘密結社における
オカルト的秘儀あるいは奇蹟体験にも似た、
仲間うちだけにしか理解しえない、
共通の体験によって若者たちを結びつける役目を果たす。(P93)


以下、私の補足コメント===============

つまり、フロー体験=カルトな宗教儀礼的な要素
改造車=祭壇的なものって解釈でいいのかな。

通過儀礼なき現代日本に、
擬似的な通過儀礼をつくったのが族カルチャーかと。

以前、輪郭だけはなんとなくここで捉えていたんだけど
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/03/blog-post_9.html

深いところで、通過儀礼的な要素があったということに
気がつけたのはこの『暴走族のエスノグラフィー』を
読んだおかげですわ。

それから、族の精神性に秘密結社的要素がある、
そしてそれが
Flashアニメ秘密結社鷹の爪の精神性にも
繋がっていると思われる証拠として
このような謎のグッズが…

劇場版第1作では博士がデコトラをつくっていましたしね。

鷹の爪団の秘密結社的要素、と
「走り屋」の秘密結社的要素の共通点は
走り屋と鷹の爪団を兼任している
チュルチュル氏にお話をおうかがいしたいところであります!



内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル