2014年9月15日月曜日

【旅日記】東京・中野へ…私の中のサブカルこじらせ霊を供養

前回の続きです。

前回:http://riekonaito.blogspot.jp/2014/09/blog-post.html

というわけで、翌日、ホテルをチェックアウトして
高崎駅のロッテリアで
ソーセージエッグバーガーを食べてから
東京駅へ向かいました。

東京駅で乗り換えて名古屋に帰るならば…

乗り換えの東京から中野に寄ってみよう、
以下の本で読んだことのある
「中野ブロードウェイ」に行ってみようかな、と
急遽思いつきました。


























でも、思いつきなので、
このガイドブックは家に置いてあって
ガイドブック持っていない…

しかたないので、脳内記憶で行ってみれば
なんとかなるかな、という感じで行ってみました。

しかし中野駅で降りてみたものの、
方向すらわからないW







































そこで、道往く親子連れに
「中野ブロードウェイどこですか?」と聞くことに。

すると「おお、我々も行きますよ」ということで
親子連れの後ろにピッタリひっついて歩いて行くこと
しばらく…なんだか得体の知れないカオスゾーンに突入しました。


中野にいる中野ガールを見て…
何種類かに分類されるのでは
ないかと思い、勝手に分類してみました。

*オシャレが一周回って中野テイストを
スパイスにしているタイプ
(たいてい凄く美人だけど連れはいない。
 たぶんコミケでコスプレもしてそう)

*古式ゆかしい90年代のアニメイトにいそうなタイプ
(たいてい彼氏連れている。彼氏も90年代のアニメイトを
 彷彿とさせ、2人ともパワーストーンを腕に巻いている)

*コスプレをしてきている人
(わりとムシムシしている気候だったのに
 ゴスロリ風浴衣ドレスにゴスロリ用コルセットをしめ、
 ボブのカツラをつけている強者がいました)

*欧米のオタク女子(髪の毛が長い・不思議な髪色)

*正統派のサブカルこじらせ(必ずボブヘア)

*大仏パーマをかけた70歳くらいの女性

*メイドさんとして働く勤労女子さんたち
(メイドリフレの様子を入り口から覗くことができたんですが
 リフレをしてもらっている男子の顔が
 「この世の極楽じゃあ」みたいな顔をしていました。
 私はあんなに心底嬉しそうな人間の顔を初めて見ました)

*正統派のBL好きたち

「じゃあ、分類しているお前はどうなんだ?」と
ツッコミが入る前に言っておけば

たぶんこんな感じかと予想…

自意識:「中野を観光に来た観光客」
外から見た印象:「BL好きで中野に通っている三十代」
(ちなみに私はBL興味ないけど、たぶんそう見えてると予想される)




メガテンのダンジョン好き(とくにデビルサマナーの
商店街)としては、ここはツボでした。

ってか、メガテンのダンジョンに元ネタあったんか!

と初めて知る34歳のメガテンファンでありました…。


特に好みなのは中野ブロードウェイの四階ですね。

突然の宇宙人とか意味わかりませんよ!
しかし、ここ何の店なのW
ちなみにこの写真Facebookに載せたら
火星人の顔認識が起こって
「タグ付け」の推奨が出てきたから
「火星人グレイ」でタグ付けしておいたぽ。

初めてのFacebookの写真のタグ付けの対象が
「火星人グレイ」ってどうなの…W

その後、キキカイカイのカフェがあったので
オーガニックコーラを注文してみました。























野々村議員と対にしたほうがいいのでは
ないかと思われる謎アートも。

キキカイカイのカフェの横の古本屋で下妻ブーム以前の
10年前のゴスロリバイブルもゲット。
ゴスロリバイブル、ほとんどのモデルさんが
メンバーチェンジしている中で
時空を超えて現役なのが
青木みさこ様。

みさこ様の凄さを思い知った2014年でありました。

そして、脳内記憶を辿り、
このガイドブックを読んで
「行きたかった店」を思い出してみる…




そうだ!セレクトブックショップ「タコシェ」に行きたいんだった!

というわけで、タコシェで
買った書籍(+前述のゴスロリバイブル)
がこちらになります。

ヴィレヴァンのチョイスに慣れすぎてきた昨今、
想像の斜め横の引き出し満載の
中野の「タコシェ」の審美眼に身を任せてみることが
とても新鮮でした!!

ポストカードも買ってしまったぞい!
















高橋葉介のポスターも欲しかったけど
ポスター持って新幹線乗るってのも大変そうだし
諦めました。

そして、中野を去る前に何か話のネタを作ろうと思って
地下で「人相占い」(10分1080円)をやってもらいました!!

人相占いの結果…

1)顔周りに肉がついているのは人相学的にはとても良い
(私は二重あごを気にしていますが…
 むしろあったほうが良いそうです)

2)唇は父方の親戚と縁が深い相が出ている

3)鼻の真ん中にシミが出来ているのは胃腸が弱っている

4)目は人を引き寄せる相だけれども
目の際に「ピンク色」の気が無いので
「伴侶も彼氏もいないと思われる」←これ、人相ってよりは
全体的な雰囲気で言われている気がするんですけどW

5)占い師「しかし、目の下の相を見るに
<目下のもの>に、ものすごく愛情を注いでいるわ!
おせっかいなくらいに。」

私「あ、その対象は犬です…」

6)眉毛が下がってきたのは加齢ではなく
「優しさ」が出てきた証拠であるとのこと

7)耳の相は物事を貫徹する力はあるけれども
自然に待っていても情報が入ってこない相だから
自らつかみ取りに行きなさい…とのことです。

8)年のわりに法令線が無いので自由に生きているのでは…?とのこと。

というわけで、話のネタもできたところで中野を去りました。

驚いたことは、中野ブロードウェイのサブカルこじらせ系書店で
デイヴィッドリンチ監督のものすごいマニアックな
オリジナル曲が流れていたんです。
これは感動しました。
自分以外であの曲を聴いている人に
出会ったことがなかったので。
おかげさまで、その感動により
自分の中のサブカルこじらせ霊を
供養することができました。

黒猫メイドカフェも
行ってみたかったんですが
さすがに30代の中年女性が
一人で入る空気じゃなかったので
断念しましたW

ありがとう中野、さようなら、わたしの中のサブカル地縛霊…

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル