2015年1月24日土曜日

妖怪ウォッチ気分で散歩したら馬頭観音さまと出会う✖️『諸星大二郎 暗黒神話と古代史の旅』

ついに妖怪ウオッチ2真打を始めてしまいました!
しかし妖怪ウオッチをプレイしていると
散歩に出たくなるんだなぁ、これが。
いつも何気なく通り過ぎていた道も
妖怪ウォッチのように
よ〜く見れば妖怪がいたりして!
心は永遠の小学生(実年齢:35歳)
妖怪探しに散歩に行っちゃうよ!

散歩中に激レアっぽいキャラものを発見してしまった。
水土里レンジャー?! 
さらには無人販売所が稲わらを販売していました。





































↑ここにお金入れるみたいですね…

懐かしい丸ポストもあるよ

そして、ついに発見したのは、妖怪ではなく
馬頭観音さまでございました!





馬頭観音さま?
どこかに解説が載っていたな…と
思い出したのが諸星大二郎のムック本。

かのサブカルの聖地、中野で買った本です。



この本のP50〜

畑中章宏氏が執筆された章
「古代インド起源の怒れる観音」
に馬頭観音の解説が載っています。
この解説によれば…

*馬頭観音さま、梵名は「ハヤグリーヴァ」
ヒンズー教のヴィシュヌの別名でもある
(マジで?!普通に道端にヒンズー教の神さまが
お祀りしてあるって、すごいな)

*馬の頭は古代インドの「転輪聖王」が敵を威伏している様子

*日本最古の彫刻例では大安寺の秘仏本尊(奈良時代)だそうです

*石造のものだと大分市のもので平安時代だそうです

*民間信仰では「馬の守護仏」とされており
旅の安全を祈ったもの。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<私のコメント>

しかし、ここで思い出したのは…
「ペット供養寺院」が
馬頭観音さまをお祀りしていた事例。
ペット供養寺院が馬頭観音さまをお祀りしていた
事例については以下のコラムで触れました。

おそらく「馬の守護仏」→「動物を対象とした仏」
→「ペット供養の仏」
といった感じで転化されていったのではないでしょうか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
他に馬頭観音さまに関する情報のお持ちの方はぜひ
お教えください!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<追記>>
…と情報募集したら、さっそくTwitter経由で
情報(匿名希望の方からです)を
お寄せいただきました!!

お寄せいただいた情報(小須戸の馬頭観音)
の詳細は以下のリンクです。



これらの情報を併せて考えると…

ヒンズー教のヴィシュヌの化身(頭の冠に馬)
→馬の守護仏→交通安全→小須戸の馬頭観音(馬の水死の供養)
→動物供養の意味に転化→動物供養(ペット供養)の仏として
ペット供養の寺院に祀られる

…という流れだと思われます!

今回教えていただいた情報により
馬の守護仏→動物供養のつながりが
より明確に見えてきました!!

貴重な情報ありがとうございます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<さらなる追記>>

と、思ったら、藤本高仝師(真言宗)からの情報が(以下)

藤本師:「馬が水を飲み干し様に、

煩悩を吸い尽くすために

仏教(密教)に取り入れられました。

日本での展開は、類似性とこじつけです

胎蔵曼荼羅の持明院って所に

描かれていて、馬頭明王とも言われています。

平安初期は、現世利益より修行者の瞑想の

手立てに、多くの尊格が登場します」

とのことです。もともと瞑想の手立てだったというのが真実のようです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<さらなる追記>>

さらに、馬頭観音をお祀りしておられる
広島県の寺院さま(真言宗)からも
情報もお寄せいただきました。

馬頭観様ですが、実は観音様の変化身で

上半身は憤怒の形相三面ですが、

腰から下は観音様になっています。

真言のアミリトはアミリタに通じていて、

即ち極楽浄土の最高位阿弥陀様に通じています。

現世利益も多くありますが、

主に六道の中の畜生道救済冥福担当の仏様です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<さらにさらに追記>>

博物館の中の御人、ほおづきP氏からの情報です。

(頭が3つあるので?)三叉路の守り神とされて、
お地蔵さんの次くらいに街角に石仏の馬頭観音さんが祀られてますよね。
そういえば道の改修などで、三叉路がなくなったり、
三叉路から場所を移動されてしまった、馬頭さんなんかも増えてるんだとか。
===============================

<<さらにサブカルのプロである「ゆめこさん」からの情報>>
ヴィシュヌの化身て、代表的なので10体あるんだってね。

================================

<まとめ>

ここまでお寄せいただきました情報を整理してみると…
以下のような流れになるかな?!

1)ヒンズー教のヴィシュヌの化身は10パターンある

2)そのうちのひとつが
インドから密教経由で日本に
(胎蔵界曼荼羅に登場する)

3)仏教に取り込まれてから
阿弥陀さまと結びついたようです。
もともと畜生道担当の仏さまなので
動物供養と結びつくのは自然

4)ゆえに馬の供養に馬頭観音というのは
しっくりくる(小須戸の馬頭観音)
その流れでペット供養寺院にも祀られたと
考えられる

5)一方で、民間信仰では独自の展開を見せた…
交通安全、特に顔が三つあるので三叉路に置かれた

おおお、みなさまからの情報を整理してみると
なるほど納得の感動の展開に!

こうなれば、次回は胎蔵界曼荼羅について
調べてみるべきでしょうね。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル