2015年8月15日土曜日

ツイン・ピークス第13話・第14話解説。あの詩の解説も!〜ツイン・ピークスマニアックス〜

13話・第14話は急展開だ。

ハロルドの自殺、リーランドのマデリーン殺害、
ジョシーとハリーの別離など。

新しい登場人物の登場も見逃せない。

しかも新しい登場人物(クーパーの上司・ゴードン)が
デイヴィッド・リンチ監督本人であるから驚きだ。

この世界(ツイン・ピークス)の創造主でもある
デイヴィッド・リンチ監督がゴードンというキャラクターを通じて
語る言葉はクーパーにとって重要なメッセージを含んでいるにちがいない。
耳を澄ませて聞き取ろう。

13話で、保安官事務所でクーパーと再会したゴードンは
クーパーに開口一番こう告げる。
「今日の君はどこかスモールメキシカンチワワに似てるな」

(字幕では「チワワ」だが音声では「スモールメキシカンチワワ」である)

メキシカンチワワ? あまりに意外な言葉にクーパーも呆気に取られてしまう。

ゴードンが語ること========================
スーパーバイザーであるゴードンに
開口一番「今日の君はどこかスモールメキシカンチワワに似てるな」
(字幕では「チワワ」音声では「スモールメキシカンチワワ」)と言われ、
どうも釈然としない表情のクーパー。

スモールメキシカンチワワ


仕事の話かと思いきや、突然上司から“チワワに似ている”と言われて、
手放しで喜ぶことは難しい。

しかし、『ツイン・ピークス』の世界と“メキシカンチワワ”は
何ら関係がないか? といえば、これがそうでもないのである。

ヒントは前回説明したキーワード「天国」の項目。

メキシカンチワワの歴史は実に古い。
メキシコのトルテカ文明に、既に存在しており
(トルテカ文明ではテチチと呼ばれていたらしい)
当時、彼らはチワワに“死者の魂を天国に導く能力”があると信じていた。

デイヴィッド・リンチ監督のある意味“分身”でもあるゴードンが、
クーパーに“死者の魂を導く役割”を与えているのであれば、
導かれるべき魂は“ローラの魂”か。
==========================

13話、リーランドがなぜか、
グレートノーザンホテルのレストランで
ミュージカルショーを開いているのである。
彼の歌声は素人とは思えぬほどの美声で情感もたっぷり。
彼が歌っているのは『王様と私』のミュージーカルナンバー。

↓このシーンです。

13話、グレートノーザンホテルの食堂でなぜか
ミュージカルショーを勝手に開いているリーランド。

店員(公式副読本によればチェルグレンという名前の女性)も
ノリノリでピアノ伴奏をしている。

リーランドが歌っているのはミュージカル映画『王様と私』(1956)の
ミュージカルナンバーの中でも、家庭教師のイギリス人女性が
異国のシャム王国で、王宮に住む王妃たちとその子供達に
“世界の地理”を教える際に歌う歌。

この歌の最中に、シャムの王妃たちもミュージカルのリズムに乗り
シャムの踊りを披露する。まさにこれこそ異文化交流、といったシーン。

一方、グレートノーザンの食堂では、ベンジャミン・ホーンが
慣れない日本語を使ったりしてタジムラとの交渉を進めているところに、
このミュージカルナンバーを選曲したリーランド。

もし彼が、ベンの異文化交流が上手くいくように……と意識して
選曲しているとしたら相当気が利いている。
ただ、ベンにとっては、ビジネスの最中に気が散ってしまい、
ありがた迷惑なだけなのだが。

【「魔術師」と「世界」】
13話でジェラードとマイクの関係が明らかになる。
片腕の男の独白である。

それによれば、ジェラードが宿主(片腕の男)で、
マイクが人に宿る霊なのだ。

ジェラードからマイクへと人格交代した状態で、
片腕の男はボブとの関係、そして“あの詩”を暗唱する。
クーパーが夢の中で聞いたあの詩である。

 “来たるべき過去の闇を見通すのが魔術師の望み”
 “2つの世界の間から人は声を放つ”
 “火よ 我とともに歩め”

……しかし、片腕の男は神に会って清められ、
腕を切り離したそうだ。彼が肉体を捨てず片腕(左腕)を切り落とすに
とどめたのはボブを倒すためなのだそうだ。
(ちなみに、さまざまな宗教で左側の手=不浄という考え方がある

つまりは、片腕の男に宿る霊マイクとボブはかつて相棒だったが、
マイクだけ神に会い性質が変化、結果的にボブとは
敵対関係になったというわけだ。

それにしても気になるのはこの“謎の詩”の意味である。

まず「2つの世界の間から」は、前回の記事で説明した“煉獄”
(↑詩の中に出てくる「火」=「煉獄の火」ということも
 上記リンクを読めばわかります)

すなわち天国と現世の間を指していると考えれば良いか。
(ツイン・ピークスマニアにはおなじみのブラックロッジ=地獄
 ホワイト・ロッジ=天国という解釈をすれば
 ツイン・ピークスの街は煉獄)

また、この詩の中の「魔術師」と「世界」という
言葉の謎を解く鍵がSF小説『コミュニオン』
(フクロウは見かけとは違う、もこの小説が元ネタ)にある。


小説『コミュニオン』には、
タロットカード解釈のエピソードが出てくるのである。

著者のストリーバーはカードの中でも、
特に「魔術師」と「世界」(どちらも詩に登場する)の
カードに着目しており、
タロットカード「世界」の絵柄に
描かれている人物(半神半人)は、
「魔術師」のカードに描かれているものと同じ杖を持っている、
との指摘をしている。

つまり、タロットカードの“終わり”は“始まり”に繋がると
いうループ構造なっているのだ。

パラレルな世界をループしている…という説はここ↓
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html

=========================
以下はこれまでの

ツイン・ピークス関連の記事まとめ

アクセス数ナンバー1・宇宙一わかりやすい解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/08/blog-post_16.html

ネタバレを含むラストシーン解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html

銀河系一マニアックな裏読み〜TPの中のネイティブ・アメリカンについて〜
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/06/blog-post_16.html

裏読み講座〜丸太おばさんなど〜
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/06/ben.html

書籍で読み解くシリーズその1<シークレット・ドクトリン>
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html

書籍で読み解くシリーズその2<荒地>
(以下のリンクは隔週刊ツイン・ピークスの宣伝を含みます)
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_88.html

小ネタ講座
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_15.html

7話・8話解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_19.html

11話・12話解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_13.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル