2015年9月5日土曜日

「戦国BASARA✖️鷹の爪展」&新宿紀伊國屋に「月刊住職」が置いてあるか?実際に確かめに行った日記

ブログ更新もすっかり滞り、もはや9月ですよ!

今回のブログ記事は書く予定の
情報量が多すぎ、何から書けば良いのか分かりません。

まずは、ブログに書こうと
思っていることを箇条書きにしてみます。

1)9月に入り、上京しました。それはなぜか?

2)上京してしばらくは徒歩圏内しか
移動しなかったけど、鷹の爪と戦国バサラの
コラボ展に行くために重い腰を上げて
渋谷に行きました→そのまま新宿まで歩きました

3)新宿紀伊國屋で月刊住職を買いました

4)月刊住職には線香激変の記事が載っています、
その記事について概略を説明したいです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)9月に入り、上京しました。それはなぜか?

ここで、内藤さんが今年、地元愛を語っていた
月刊ウェンディの記事を振り返ってみましょう。

この記事はウェブでも読めます。

というわけで、
地元愛を語っていた内藤さんですが……
この記事を書いた後に
地元の一番大きなショッピングモールの内部の「面白い店舗」が次々と
入れ替えになり(お気に入りのヴィンテージ家具屋も無くなった)

お気に入りのヴィンテージ家具屋についての記録は以下

もしくはテナント入れ替えになるどころか
空き店舗のままだったり。
大・中・小3つのショッピングモールを巧みに使い分け
テンションを保っていた内藤さんですが
ここにきて「大」のショッピングモールがコケ気味となり、
さらに、近所の「面白いホームセンター」が大手に買収され
「売れ筋の品しか置かない面白くないホームセンター」
へと変貌を遂げました。
これは本当にがっかりしました。

法律改正(上記、月刊ウェンディの記事をご参照ください)により、にわかに
地方にもたらされた物質文明の内実とはいかに?

そんな折、インターネットで見つけた
某大学の研究職の公募に応募したところ
採用していただけまして、その研究職の職場が
首都圏であったため上京したというわけです。
(注:鷹の爪コラボ展とか平日の昼間に
行っているのは、非常勤での採用で、
なおかつ勤務時間外だからです)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2)上京してしばらくは徒歩圏内しか
移動しなかったけど、鷹の爪と戦国バサラの
コラボ展に行くために重い腰を上げて
渋谷に行きました→そのまま新宿まで歩きました、について

とはいえ、上京してウェーイみたいなキャラになるかと
思いきや、まったくキャラは変わらず
馴染み深いデフレカルチャーの範囲でしか動けず

スーパーで買ったのは 一平ちゃんの塩焼きそば
衣服を揃えるために行ったのは しまむら

というわけなんです。

しかし、ここで驚いたことが…

首都圏のしまむらは
私の知っていたしまむらじゃない!
首都圏のしまむらは活気がある!
品揃えも豊富!
有名なメーカー品も多く置いてある!

秋用通勤服、私服、パジャマなど
全部揃えても1万円でした。

私服は、一人で選ぶとトンデモ服になりがちだけど
とりあえずミッキーついている服なら
大丈夫だろうと思ってしまむらとディズニーコラボの
ミッキーついた服にしたけど
それでも安かった!

すっかり生活感が出て
引っ越し2日目にして「おばあさんに道を聞かれる」
というミラクルもおこりました。

溜まっていた仕事を引きこもってやっていたこともあり
上京しても徒歩圏内しか動かない日々に
ついに変化が……

そうです、鷹の爪と戦国バサラのコラボです。
http://www.capcom.co.jp/basara/10th/topic_150722taka.html
これ、せっかく東京にいるのに
行かないわかにはいかないじゃない?

ちなみに、私の渋谷のイメージは以下になります。



まぁ、ミッキーのついたしまむらの服を着て
実際渋谷に行ってみると、活気があり、
さまざまな物質に溢れており、坂道などもオシャレで
海外の人もたくさんいて国際的で
そして邪神はいませんでした。

ランチには、かの有名人青木美紗子さまが
Twitterに載せていた記憶があったので
ロキシタンカフェへ!

オシャレすぎる!
ハムとパンの間に挟んである
名前のわからない草みたいな野菜から
南仏の香りがしました。
名古屋名物のような「わかりやすい味」ではないが
味にヒネリがあり、美味しい、そしてヘルシー。

なるほど、東京人はこのような食物に慣れていて
逆にカウンターカルチャーとしての名古屋グルメが新鮮に思え、
東京サブカル勢がむしろ「あえて名古屋グルメに弾丸ツアーへ」という
方向にいっているのだな、とも思ったり。

そしてPARCOに行き、鷹の爪コラボ展へ向かう……

PARCOに広告がバシバシ貼ってあり映画館と間違えました。
名古屋PARCOはこのように広告が貼ってありません。
外観だけならば名古屋PARCOのほうが
スマートな印象ですが
中の店のサブカルチャー度が
なんというか「トガっている」感じ。
織田信長がヨガをしている柄のネックレスとか売っていて
「ああ、これが東京にあって名古屋にはないエッジィな品」なのか
と思った次第です。

以前、授業で
「東京にあって地方にないものとは?」で
議論となりましたが
その答えをお伝えしたいと思います。
ズバリ…
「ヨガをしている織田信長のネックレス」です。

織田信長(ヨガ)を通り過ぎ、やってきたのはここ








このコラボ展、オリジナルグッズの充実がすばらしくて
思わず散財してしまった結果がこちらとなります。

まぁ新生活に必要な品ばかりですし、という
言い訳をしつつ…

その後、難易度の高いミッション
「渋谷から新宿まで歩く」に挑戦してみることに。
(最近、「コレステロール値が信じられないほど高い」と
言われたため、なるべく歩こうと思いまして)

そして新宿にはもうひとつの目的が…

そう、「月刊住職が店頭に置いてあると
いう噂の新宿紀伊國屋に行き、実際売っているのか確かめる」
というミッションです。

まずは、新宿高島屋の別館の紀伊國屋に行き、
店員さんに聞いてみたところ
「うちにはありませんが本店にあるかもしれないから
電話をしてみます」→「ありました、本店に取り置きしましたので
本店に行ってください」というロープレ感漂う流れに。

そしていただいた地図はこちらになります。
(とても丁寧に道を教えていただきました)


(プライバシー保護のため担当者さまの名前は墨塗りしました)

地下通路を通り、ビックロ経由で新宿紀伊國屋を
目指しました。と、ここで思わぬ豪雨発生!
ビックロで傘を買うことに…
東京でどんな傘を買ったらいいかわからないけど
とりあえずミッキーのついている傘を買っておけば
大丈夫かと思い、結果、
服も傘もミッキーだらけになりつつ
本店に到着!3階に行ったら、
ちゃんとカウンターに月刊住職が取り置きして
ありました!

ちなみに月刊住職の葬送コラムの概要ですが
次回のブログ記事に書くことにします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日のまとめ
紀伊國屋書店さんの連携プレーの見事さはもちろんのこと
東京で販売をしていらっしゃる人たちの
素晴らしさに感動しました。

たとえば、新宿のとある店で
「肩に乗せる小豆のやつありませんか」(商品名:あずきのチカラ)
と店員さんに聞いたところ、
完璧な笑顔で「詳しいものに聞いてまいります」と
違う店員さんが出てきて、
その店員さんが完璧な笑顔で「もっと詳しいものに聞いてまいります」
と誰かに聞いてきてくれました。
結果「季節的にまだ入荷しません」とのことでしたが…

現場の人、フロア長、もっと上の人と
販売部隊の命令系統がしっかりしており、
接客の人たちが皆完璧な状態で接客をしてくださります。

それに東京の街のブランディングがうまくいっているせいか
「東京で働いている誇り」をビシバシと感じました。

販売をしている人たちの口角が
自然な感じでいつも上がっているのです。

逆に、なぜ地方で働く人たちは
口角が下がっている確率が高いのか?

首都圏の大学を出て、大手ゲーム会社に
就職した人が初年度に
そのゲーム会社が運営する
地方のゲームセンターの現場に配属されたが
短期間ですっかりグッタリして
辞めて東京に戻っていった経緯を
思い出しました。

そもそも地方で働くのが
なぜテンションが上がってないかといえば
地方都市のブランディングがうまくいっておらず
なおかつ余暇にバリエーションが少なく
充実しにくいという面があるのでしょう。
(ただしBBQ的なものが好きな人は地方に向いている)

村上春樹先生は「愛知県の若者、グッタリする」的な
作品を仕上げてくださりまして
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/04/blog-post_13.html

山内マリ子先生は、「愛知県のサブカル、希望があると思いきや
やっぱり無かった、でも愛を送ります」的な
作品を仕上げてくださりました。
http://riekonaito.blogspot.jp/2014/04/blog-post_3260.html

首都圏に出てみると、↑このような作品が
的確に現実を捉えていたことはわかるんだけど…
わかるんだけど、諦めたくはない。

どうしたら、地方のサブカル
がもっと楽しく暮らせるようになるのか?
考えていきたいです。
でも、考えているうちにリニア新幹線ができて
愛知県の状況も変わっていくんだろうなぁ。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 月刊住職コラム連載 キャラクター文化 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル