2017年5月9日火曜日

【講義ノート】第6回 世界の宗教2017

プレゼン申し込み書
集まり具合現状報告

*現状、8組ものエントリーがありました

(もし先生がうっかりチェックミスしていて
ここに載っていない!という方はお手数ですが再度
お知らせ下さい)

1)5人組:ネットに載せない:チーム名未定

2)ネットに載せない:チーム「宗教の発表し隊」

3)ネットに載せる:チーム名「ナプレ」

4)6人組:ネットに載せる:チーム名未定

5)ネットに載せる:チーム名「アーリマン(仮)」
:ゾロアスター教、悪魔について

6)3人組:ネットに載せる:チーム名未定
:ゾロアスター教

7)個人エントリー「みう」さん:ネットに載せる

8)ネットに載せる載せないはどちらでも:
チーム「トマトスパゲッティ」

=====================

プレゼンのエントリーは
今週も引き続き、募集中!!

予定としては・・・

来週:プレゼンの順番決める

5月:先生の授業

6月:みんなのプレゼン大会

・・・と、リクエストに応える授業
(当ブログ、PCで見ると
過去のデータも閲覧可能なので
その中から希望のネタを探して
リクエストしてください

7月:プレゼンの振り返りと
(どこがどういう風によかったか、とか
補足の情報とか)

・・・とテスト対策

=======================


インドカレー屋でインド人の人たちと働いたエピソード
書いてくれた人へ:ぜひテストの自由記述でその時感じた
カルチャーギャップを書いてみては

以下、載っていないくてもチェックしていますので
ご安心ください。
全部載せるとデータ重すぎのため一部しか載せていません


クイズ:1

衣装:多分、イスラム圏のイメージと
ヒンズーのイメージが重なっているのでは?
イスラムの女性の衣服について調べてみたらわかるよ

先生、うっかり「生き返る」って表現してしまったけど
言語化するとしたら「輪廻」だよ


西暦の他に皇紀があるよ
仏紀もある。

イスラム教、もちろん調べてもいいよ
ただ、イスラム教の発表をする場合は
デリケートな問題を含むからそこを
気をつけてね

イギリスがインドに与えた宗教的影響:それこそ
大学の卒論でも大学院でも調べ甲斐のあるテーマですよ

キリスト教:基本、生まれ変わりはなく、一回勝負です。
一回勝負の後は、新しい世界ができるまで眠ります



クイズ:A

インドはすごいよ


進化のネタ:それは進化論(ダーウィン)とキリスト教が相反するからだよ



手首のマークなんだけど
たぶん梵字




ニーチェが狂気に至った原因ははっきりとは
わかりません。先週の「馬」の話は先生の推理です。

殴られ続けていた人と宗教の関連性:
あの殴られ続けていた人が亡くなり、
次に「大スター」として出てきたの覚えているかな。
あれは殴られ続けていた人(前の人生で善行を積んだ)
→ヒンズー教の考え方で映画を作ると
転生して次の人生は大スター

ってわけですよ。

そこらへんにヒンズー教の影響が・・・ということで
日本の映画製作と感覚違うから
そこで学ぼうっていう意図です


お釈迦様と阿弥陀様は違う仏です

ひたい:ビンディ

死後の世界についてのプレゼン:もちろんOK

ちなみに、ヒンズーの生まれ変わりの信仰は
プラスの側面だけじゃなくて
近代的な価値観から見たら
どうなのかな?という点も
多々あるのでそこらへんも含めて
考えた方がいいかもしれない


日本の建前的な文化:多分、稲作が関係している

神様は不死身か?:これは、そうでもないよ。
古事記のイザナミは亡くなります

日本人はなぜ信仰心が薄いか:たぶん島国で、呑気だったから

悟りとは:多分**のためじゃなくて
目的そのものだと思うよ
あえていうなら輪廻から外れるため
(何回も人生を繰り返すのがしんどい
という人は「悟り」を目指す)



マッキー?
面白そう



訂正:インド人=ヒンズーでざっくり解説しちゃったけど
インドにもその他の宗教の人はもちろんいます


お経にも一応、メロディはあります
(ちなみに初期の仏教だと音楽禁止)

最近はこのような法要もあります





生田斗真・・・・・・・似てる・・・


テニプリの原作者が崇拝されていることは知りませんでした・・・
インド人にとって「踊り」とは?
これ、面白いテーマだと思う。

ちなみに、コメント票、偶然
輪廻肯定派と否定派が並んでいて
それでこそ面白いと思います。
(色々な意見があって良い)



キリストの復活と輪廻は違います
キリストはキリストとして霊の体として
復活してそれは人類全体の復活の予告編のような感じ
と信じられております

輪廻は人間が様々なものに実際に生まれ変わります

ブッダとキリストが「俺自分だけ違う」
ってのはやはり超能力だと思う。
でも、あくまでも「気づきのための力」であって
超能力そのものが目的になったら
単なるハンドパワーです。

だからお釈迦様は途中で見せるの禁止令出したのでは

今の日本では宗教にあまり頼らなくなったのでは?:
うん、これはポストモダンを理解すれば多分わかる。
ただ、ポストモダン自体なんなのか
まだ曖昧な定義なので多分混乱する。
でも、あえてやろうと思います



ヒンズーと仏教・・・同じではないけど
違うとも言い切れない
両者をリミックスしたのが密教
密教を日本に持ち込んだのが空海

インドの宗教は多くがヒンズーだけど
違う宗教の人もいて、
そこらへんはコメント票で補足してくれた人がいました
(ほんと頼りっぱなしですみません)

なお転生に関して、ヒンズーとキリスト教大きく違うよ
キリスト教の復活は

生きている→ずーっと眠っている→一斉に霊の体で復活

ヒンズーの輪廻は

生きている→生きている→生きている

======

インドの人の身長はあの映画の
主人公が背が低いだけだと思われます




これからテンション高めでウザい人
に対してイライラせず
「あー前世で功徳積んだのかな」とか
思えばいいのではW


韓国ドラマは詳しくないけど
前世や来世の考え方があるんだね

韓国ドラマの宗教観も調べてみたら面白そう

確か、水木しげる先生の本で読んだ限りでは
韓国の来世観と日本の来世観、
共通項があったよ

青い紙:補足ありがとうございます。助かります。




他の国で・・・:命というよりかは
神様なんだけど
アフリカの「オニャンコポン」っていう神様が
ユニークだと思う

初音ミクの般若心経は入り口としてアリだね!
いっぱい貼っておこう









以下の動画も参考になるかも
密教では「いきなり仏」っていうのがあり得る
不思議な世界で、そのスピード感を表現しているのがこのバージョン

こちらはネタ的に色々面白い↓





そうそう、インドの世界観は
とてつもなく大きくて、良い意味で、
カルチャーショックあるよね。
自分たちと違う価値観で生きている
人が地球上にいることを知るだけでも意味あると思うわ。

あのビートルズは、なぜ名曲を作ったのか?
といえばインドに行っています




ちなみに、いま新曲がアツい「ゴリラズ」も
たぶん仏教寄りなんだけど、
(なお、自分たちの思想はキリスト教的ではないよ、って
 いう暗号も昔のPVに暗号として隠されているよ)


もし興味あれば
次回以降に解説します。
http://riekonaito.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html



リトルワールドのケララ村に行った時に
お土産屋さんにインドの神様(3Dポスターとか)が
いっぱい売っているので
今度行ってみたらあれもこれも
欲しくなると思います。

私はインドの神様のガネーシャのイメージCD持っています


悟りとは何か。
チャレンジしてみるけど
たぶん無理。
というか、それで、もし仮に
悟りが開けちゃったら
もう仏だから、授業とか出てる場合じゃなくなるから
むしろ悟れなくていいのではないかと思います。

もし万が一、悟ったら
そっと教えてください。

基本、無理だけど考えてみるのは無駄じゃない、程度にしておいてください


ダルシム完成度高い

空海なにした人か?:今日わかります






コミケ二次創作の喩え(←語り継いでくださいW)

モーセとお釈迦様、性格が似ている:この考察、
すごい面白い視点だと思うわ。
神様や仏様が下界(うちらの世界)を見下ろしていて
「この人は大丈夫そうだからパワー授けよう」って思う
人物像を想像してみると、共通項が見えてくるような気がするよ。

ピンクドラム知っているよ〜
初回だけしかみていないので
あらすじキボンヌ

輪廻が本当かどうかは誰にもわからない。
前世の記憶持っている人がたまにいるし
実はダライ・ラマもそうして選ばれているのです。


ダライ・ラマの輪廻に関しては、
今日、理解できると思う


セーラームーン:占星術とは何か?と繋げればできる

テニプリ:これもできる。
テニプリの「ゾーン」と
宗教的な体験は似ているから

参考にどうぞ

王様が言っていた言葉:


同じ仏様でも描かれかたが違うだけってのもあるよ
例えば弥勒菩薩も七福神の
布袋様になってたり・・・

インドは人口めっちゃ多いから
確率的に美人も多いだけだと思うけど・・・。
あと中学の時にインド人
(なんの職業だったかは忘れた)が
講演に来てくれて
「インドでは色が白いとモテますので、
ここにいる人がみんなモテます」と
言っていた記憶がありますが
私はインド行ったことがないから
真偽はわかりません・・・。


お釈迦様って奇跡や
超能力者のイメージがあまりないんだけど
ヒンズーの世界で
新しい宗教開くんだから
ライバルも多いだろうし
超能力あったからこそなんだよねぇ
詳しくはこの本で


日本の宗教観は面白いよ!
アニミズム、神道、仏教、その他色々が混ざって
面白い!ズバリ、なんでもありだ


プレゼンの意味は
「人々の前で話す練習」も兼ねているから
ブログのみってのは、ナシだよ

卒論の発表の練習、
会社に就職した時の練習、
というか・・・そういう練習も兼ねているのです

だから発表失敗しても大丈夫です

参加することに意義がありますので

=========================

今日の予定

*ダライ・ラマはどうやって選ばれるか

*空海は何をした人か


チベット密教と日本の密教の違いとは?



↓この動画でいえば、左のお坊さんが
空海の肖像画です



お釈迦様→密教の成立までの流れは
は以下でなんとなく把握しておいてください

密教の内容は、基本、一般には秘密だけど
とてもわかりやすく書かれている本もあって
この本がオススメです

↑この表紙の曼荼羅ってなに?

今回は密教の曼荼羅→ユングへイッキに飛びます飛びます

以前から、「なんで密教はヒンズー教っぽいのか」
と思っていたものの…

なんせ「秘密だから密教」なのであって
一般人にはわからないものだったのですが…

つい先日、『密教とマンダラ』というなんともわかりやすい
一般書が講談社から出ていたのでポチりました。


この本によれば…

*3、4世紀頃から後期大乗経典に
ヒンズー教の神々が登場するようになったみたい。

*ヒンズー教が力をつけてきたので
それに対抗する意味もあって
仏教も護摩や真言(神々を讃える聖句)を取り込んだ
→雑密ができる

*7世紀になると体系的な密教の整備が進み
『大日経』『金剛頂経』などができてくる(中期密教)
この頃にマンダラ世界もできる

*「性」が大きく関係してくる後期密教は
8、9世紀〜12世紀にかけてインド・チベットで
大流行したけどイスラム系帝国の破壊によっていったんオワタ

*中国に密教を定着させたのは不空。
しかしカリスマ不空が亡くなってからは道教・儒教に押されてしまった

*虫の息だった中国の密教…そこに出現したのが
あの空海だった…というわけでござーい


=============================

そして、この本を読んで一番驚いたことは

チベット密教が日本の仏教の弟分だったってこと…!!

実は逆だと思っていた(なんとなくイメージで)

チベット密教:インドの後期密教(性が大きく関係してくる)

日本の密教:インドの中期密教を伝えた

っていう意味で、「弟分」と表現しているみたいだけど
まぁ何が兄で何が弟かっていうよりは
日本の密教系の寺院とチベット寺院の様子(以下のリンク)


があんなに雰囲気が違うのはなぜか?
ということを考える時に参考になるかも。

===========================

そして、密教のマンダラを自身の思想に取り入れたのがユング。

わかりやすくこのマンガで説明します。


ここに「共時性理論」が登場しているの見えますかね↑

共時性、それが「シンクロニシティ」でございます。

あといくつか私が経験したシンクロニシティを
語りますので、みなさんも
もしシンクロニシティを経験していたら
教えてください。

ユングの身体観は特殊&シンクロニシティについて

世界の神話がどこか「似ている」ことについて
ユングの集合的無意識的解釈もあるよ

パプリカもわかりやすいよー

『ツインピークス』『熱海の捜査官』で
占いで捜査していたのは
シンクロニシティの活用なのです

ユングの思想をゲームにしたものが
ペルソナシリーズ


ユングは聖書も再解釈している
わりとチャレンジャー


ちなみにカエルのネタを知ってると
楽しめる映画があります↓

ちなみに上記の映画のメインテーマはこちら↓

=========このシンクロニシティをネットと繋げて考える========

☆ネットとスピリチュアリティの研究の元祖

☆でもネットも内実が変わってきたよね…

☆シリアルエクスペリメンツレインは集合的無意識と
ネットの世界を繋げた凄い作品だよ



=======================
悟りチャレンジ(たぶん無理だけど考えてみる)

多分悟れないけど、悟りについて考えてみる!

ここの十牛図わかりやすい
http://www.miraidenshi-tech.jp/blog/3671/

先輩たちが書いてくれた十牛図


=================
あと、日本の宗教は
古代か現代、どちらから行きますか?

現代から遡るのもありかな

===========================



内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 月刊住職コラム連載 キャラクター文化 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル