2017年11月14日火曜日

キーワード「電気」「火」の解説と、続・手袋解説(新作ツインピークスの解説)

新作ツインピークスも佳境にさしかかり、
色々な小ネタをあらかじめ考察しておいた方が、
残り2話、今後の作品理解に役立つのではないか、
と思いまして
(考えるな、感じろ系の視聴者さんには向かないかもしれない)
ネタ出ししていきたいと思います。

思いつくままメモメモしますと以下の構成になります。

1)緑の手袋の続編・詳細

2)そもそもなぜ電気?を曼荼羅で

3)ヴォイドが理解できれば「なぜモニカベルッチだけ本名?」も理解可能

4)閑話休題・あの有名なヴィデオアートエッセイでも
  拾いきれていなかった絵画ネタを拾う

5)多分、新作の肝となる考察がこれだ!という
  ものを隔週刊ツインピークスに載せたんだけど
  雑誌自体が廃盤になってしまったため
  肝の部分だけ切り取って、貼るコーナー

==========================
1)前回の緑色の手袋考察はこれでした。

杭打ち機のパワー=金剛杵では?

という考察まで行っていましたが

裏付けもあります。

タミーが考察していた「タルパ」から
推察するに、チベット仏教で解けば
良いとして・・・

ここで死者の書を取り出してみましょう。

緑色の手袋=緑色の肌の色の仏様

を探せばいいんですよ!!



肌の色が緑なのは不空成就仏、持ち物は
羯磨金剛・・・とあります。

==================================

で、不空の持ち物の
羯磨金剛ってなに?といえばこれです



見ての通り、金剛杵が二つ重なっている武器!

なお金剛杵とは:https://kotobank.jp/word/金剛杵-67188

世界大百科辞典によれば・・・
雷をかたどったものといわれ,
本来は雷霆(らいてい)神インドラの所持物であったが,
のち仏教では,この武器を持った神がいつも影のように仏につき従い,
仏を守護していたと考えられた。
密教の法具としての金剛杵は,この武器が堅固で
あらゆるものを摧破(さいは)するところから,
煩悩を破る悟りの智慧の象徴として採り入れられたもので・・・

とありますから、羯磨金剛は
デラックス金剛杵、という解釈でOK?

これらを組み合わせると、
ウルトラスーパーデラックスな武器を
ヴォイドのようなところで示唆を受けて
ホームセンターでゲットしたフレディくん。
フレディくんは、
そういえば嫉妬で喧嘩してた人たちを撃破してたけど
(ホームセンターの店員のエピソードじゃない方ね)
この本で調べても、不空は嫉妬という煩悩を治すとあるから、
多分この解釈でOKなんだと思う。

というわけで私もホームセンターで
緑の手袋買いました。



ちなみに「金剛杵が欲しい」と願ったところ、
急遽、四国の善通寺の仕事が入り(ピンチヒッター)
善通寺の売店で500円で買えました。


これもツインピークスの縁なんですかね。

ちなみに、新作ツインピークスで
最重要キーワードでもある電気ですが・・・

曼荼羅の世界から
こっちの世界に干渉するとしたら
電気なんですわ。

で、さっきの不空成就仏が
電気の話と繋がっちゃいます!
持ち物が雷系統の武器ってのは
もちろんですが、他の角度からも
検証しましょう

ここで、一晩寝かせておいた
曼荼羅を取り出してみましょう。

なぜ曼荼羅か?は

金剛界曼荼羅と胎蔵界曼荼羅です。

こっちが金剛界で・・・
金剛界(精神世界的な方ね)
こっちだと、不空成就仏どこかな、と
探しますと、


ここです。


え?まだわかんない?ここだ!

で、この金剛界での不空成就仏を
胎蔵界(わちゃわちゃしている現象の方)に
当てはめて、同体だと考えられている仏様を探すと
ここだ!



大日如来のちょうど左側に座している仏様が
それにあたりまして、
その名称がなんとなんと
天鼓雷音如来なんです!

雷ゴロゴロで人々を悟りの世界に導いちゃいます!
そうなんです!電気なんです、クー!

つまり、金剛界(精神世界)で不空成就仏が働くと
胎蔵界(現象でわちゃわちゃしている方)には
電気として働くってわけですね。

新作でホークが、火=シンボル(意味は意図による)
電気もそう(シンボル)だ、と解説していました。

だったら電気もシンボルとして解釈したらいいじゃないか、と
思いますがダギーさんは思いっきり感電してたり
それで正気に戻ったりして、
もはや象徴を超えて物語を動かしている感はあります。
(が、まぁ象徴でしょう)

ついでに火の話ですが
「なんで、あえてあの煩悩の塊のような
 ローラが物語の中心なのか」
と疑問を抱えておりましたところ、
偶然にも、善通寺のお坊さんに
維摩経のプリントをいただき、
それを読んでいるうちに
それで「あ、そういうことか」と
閃いて、解決できましたのでこちらもご報告します。

以下、維摩経より

「愛欲が種であり、貪り、怒り、無知が種です。
 煩悩はみな仏陀となるべき種子なのです。 
 たとえるなら、高原の陸地には蓮華が生じず、
 かえって低く湿っている汚泥のうちに蓮華が生ずるようなもの」


つまり、なぜドナじゃなくて
ローラなのか?

なぜオードリーが主役じゃなくてローラなのか?
といえば、ローラこそ愛欲に溺れ、低く湿っているから
悟りの度合いも半端ない、って解釈で多分良いんだと思います。

これ、火渡りするとよくわかる。

私、火渡りしました。その記録:http://riekonaito.blogspot.jp/2017/10/blog-post_27.html

で、この火渡りの火って象徴なんです。煩悩の。

煩悩が凄まじいと・・・

火渡りの成果が上がります。
FIRE WALK WITH MEって、まさにこれじゃんか・・・


で、この火=煩悩の火っていうのは
実はアルバートの名前から解けるんだけど
それってどういうこと?というと
すでに隔週刊ツインピークスで
解説したんだけど
隔週刊ツインピークスがもはや廃盤なので
ここにスクラップ貼っておきます。
(スマホの人は以下の画像をクリックすると拡大されて読むことができます)


ちなみに、煩悩を飲み干すのが
馬頭観音で、馬頭観音=ウッズマンっていうのは
もうここで読み解いた

ウッズマンの場合、飲み干すっていうよりは
頭ごとグシャーだから
煩悩どころか他の部分も消してる気がするけど・・・

=====================
2)で、フレディくんが啓示を受けた
「ヴォイドのような場所」ですが、
これは何かと申しますと
これもチベット密教で解ける!

で、ここから一気にモニカベルッチの
セリフも全部解けるんですが、
もうこの記事、長くなったんで
続きは多分明日!



内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 月刊住職コラム連載 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 キャラクター文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 アニメ ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 自分探し 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 研究論文関連 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 ツインピークス祭 企業 実用 リンチ監督 倫理学 旅日記 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ ふつうの日記 イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル