2018年3月12日月曜日

内藤理恵子の悪夢のように終わらないツインピークス考察(まだやるのかよ)ー映画俺俺の視点から見えてくるものー

ピーカーとしてそれなりにがんばってきた私ですが・・・
そんなわたしが尊敬するピーカーがいます!

三木聡監督です!!!

彼こそがクーパーの「猿の手」を
自由自在に操る魔手だと思います!

クーパーの「猿の手」とは何か
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_13.html

お前は何を言っているんだ・・・・・・・

となったチミ!

この映画を見ればわかる。

↓「図鑑に載ってない虫」 



ツイピークス本編には
「猿の手」が出てこないにも関わらず
この「図鑑に載ってない虫」には
猿の手がモロに
「ミイラの猿の手」として
小道具で出てきます。

この猿の手を使うと、
なんと、「生」の国と「死」の国が
ひっくりかえるのです。

生きているものが死んでいる世界と
死んでいるものが生きている世界、
(この映画を見たのは、もう随分前で
 記憶がおぼろげなんだけど)
猿の手を冷蔵庫に入れれば
ひっくり返る・・・という話だったと思う。

(なんか三木聡の映画では
「応用編」になっているけど
ツインピークス外伝小説での「猿の手」と
同義の使い方をしていると思う)

まだエッジが効き過ぎていないころの菊池凜子も
いい感じに出ていたのでおすすめの映画です。

なお、ドラマ「熱海の捜査官」が
ディティールも世界観も
壮大なるツインピークスへの
オマージュになっていたことは
いうまでもありませんが・・・
==========================

それはさておき、
三木聡がすごいな、とおもうことは

(以下ネタバレあり注意)

映画『俺俺』で
ほぼほぼ新作ツインピークスの物語構造を先取りしていた
という点にあります。

『俺俺』ですが・・・

原作小説のほうでは
ラストが無限に増え続ける俺が
高尾山麓で暮らすという謎ハッピーエンドなんです。


が、本作の映画『俺俺』(三木聡)はオリジナルエンディングで
無限に増え続ける俺が収束し、
過去に戻っているので
ループ構造になっています。

つまりツインピークスの新作と同構造。

その原因は・・・

おそらく、2011年ごろ(この原作小説ができたころ)に
マルチバース&量子力学を
うまいことかけあわせた
宇宙モデルが学者によって
提唱されたので
この物語構造を応用した作品が増えたのだと思います。

映画「ミスターノーバディ」は、
その代表的な作品だと思います。
(ただしミスターノーバディに関しては
 構造的にも詩的にも美しいのに
 主演の顔もいいのに
 説明的なシーンが多過ぎてチープになった・・・
 以下の動画参照)


一方で、画家のリンチ監督は
その物語構造を絵として
スタイリッシュに描けたんだ。
さらにそれを曼荼羅的に描いたのがツインピークスですわ。


で、それを「ジャニーズ的」に描いたのが三木聡「俺俺」です。

(映画版では、たぶんひっくり返ってドロドロになった油性の化学物質の
 入った缶がループ構造の物語上の最重要アイテムだと思う)

お前は何を言っているんだ・・・

となったチミ。

まずはこの予告編を見てください。
原作小説と違う着地点にした本作、
伝えたいメッセージも原作とたぶん違います。

その三木聡の気持ちをシャーマンのように汲み取り
以下のコラムをしたためました。

以下に一部を切り取って、載せます。
(↓スマホの場合は
画像をクリックすると、拡大されて
読めます)






































もしこのコラムに興味を持ってくださり、

お読みいただける方がいらっしゃりましたら

以下のリンクまでお問い合わせください。

中外日報購読案内:



=====もう終わったと思った?===========


うんにゃ、ここからが本番。

この映画「俺俺」、
原作にはない遊びとして
これまたクーパーの「猿の手」が
応用編として出ているのを発見した。

三木聡を心からリスペクトしたのは
俺俺の「猿の手」の仕掛けに
度肝を抜かれたからである。

それは何か?

亀梨くんが
交差点にいて
手を振りあげるときに
意味ありげに「猿の手」(オブジェね)
が出てくるんだけど
たぶん、ここが次元の交差点で、
生と死の狭間の交差点。

で、その次に入ったファーストフード店の
店員の名前がいかにも不自然に「蘇山」なんだ。
ここにものすっごいわかりにくい
ツインピークスへのオマージュを感じるんだけど
これよっぽど重度のピーカーじゃなきゃ
キャッチできない微弱電波だぞオイ・・・。
で、内田有紀が「本物の亀梨」と「ドッペルゲンガー亀梨」
の中から正しい方を選んだときにも
後ろに「猿の手」が今度は
「オブジェを描いた壁画」として再度登場。
ここも次元の交差点なんだ。

たしか床の模様にも
オマージュがあったはず。

お前は何を言っているんだ・・・
となったチミ、
三木聡からのピーカーへの
暗号メッセージ、共に読み取ってニヤニヤしようよ!

あと、これもすごい遠過ぎて
ほとんどわかんないレベルなんだけど
映画「俺俺」には「うさぎのごんざぶろう」っていう
存在が出てきて、これ、
たぶんインランドエンパイアへのオマージュだと思う・・・。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 月刊住職コラム連載 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 社会学 キャラクター文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 アニメ ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 自分探し 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 研究論文関連 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 ツインピークス祭 企業 実用 リンチ監督 倫理学 旅日記 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ ふつうの日記 イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル